Mr&Mrs ADCOCK from England win their first SS title in HongKong

Victory Kiss

English couple showed media how happy they are

香港オープンSS決勝、準決勝で世界ランク1位の中国ペアを破る金星を上げ、初めてSSの決勝に進んだ英国クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック(旧姓ホワイト)組が、2日続けて中国ペアを倒し、初優勝の栄冠を手にした

9月に夫婦となった2人は、結婚後に参戦した上位の大会で、◆デンマークオープンSSプレミアベスト8◆フレンチオープンSSベスト4◆チャイナオープンSSプレミアベスト8――と結果を残してきた。そして迎えた今年最後のSSでは準決勝で、これら3大会でいずれも敗れたロンドン五輪金メダリストの中国ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組にストレート勝ち。決勝では同じく中国のリュウ・チェン/バオ・イーシン組をやはりストレートで倒し、母国から遠く離れたアジアの地で表彰台の最も高いところに立った

アドコック組は表彰式の後、BadPaL の取材に応じ、「何と表現していいか分からないほどうれしい」と述べ、互いに顔を見合せ、ともに満面に笑みを浮かべた。夫婦となり結果を出したことで、混合ダブルスの他のペアにも結婚を勧めるかとの問いには、「自分たちは良い結果が出た。試してみるのもいいんじゃないか」と笑顔で答えた。ただ、SS初優勝の余韻を香港でゆっくり楽しむ時間はなく、「祝杯は英国へ戻るロングフライトの中で。帰国したら少しだけ休んで、すぐクアラルンプールで来月開催されるSSファイナルに向けた準備をする」と語った

Sony vs ChongWei

ChongWei is too strong to handle for Sony at least for this day

ジュニア時代からのライバルである東南アジアのベテラン2人が激突した男子シングルスは、全種目を通じて唯一、第1シードから決勝に進んだマレーシアのリー・チョンウェイ選手が、準決勝で田児賢一選手を退けて勝ち上がったインドネシアのソニー・ドゥイ・クンチョロ選手を圧倒。わずか30分余りと、この日最短の試合時間でストレート勝ちし、年12回開催されるスーパーシリーズで、今年は昨年を上回る6大会(韓国、マレーシア、インド、インドネシア、日本、香港)を制した。リー選手は当初、香港オープンの後、年末までの期間を休暇にあてる可能性を示唆していた。しかし今大会で、BadPaL に対し、自国で開催されるSSファイナル(12月11~15日)への出場を確認した

Korean winners

All Korean : Runner-up KIM/KIM and Champion YOO/LEE

韓国同士の対戦となった男子ダブルス決勝は、準決勝で世界チャンピオン、インドネシアのヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン組を破ったイ・ヨンデ/ユ・ヨンソン組が勝利。このペアでは香港オープン初載冠ながら、イ・ヨンデ選手はロンドン五輪後に引退したチョン・ジェソン氏とのペアで2008年と09年、ユ・ヨンソン選手はコ・ソンヒョン選手と組んで2010年に、それぞれ優勝している

イ/ユ組は10月のペア結成から2カ月で既にSSで3勝(デンマーク、フランス、香港)、さらに世界チャンピオンに3連勝と結果を残した。ユ・ヨンソン選手は表彰式後、BadPaL の質問に答え、「イ・ヨンデ選手はペアを組む前から実績あるスター選手でプレッシャーはあったが、練習を積んで結果が出たことで、自信のレベルは上がった」と語った

WANGs on podium

Two WANGs on the podium

女子2種目は、中国選手による同国対決。シングルスでは、昨年、足の故障で決勝途中で棄権し準優勝に終わったワン・イーハン選手が、ワン・シーシャン選手に競り勝ち、2009年以来となる2度目のタイトルを獲得した

China girls

All Chinese : Runner-up OU/TANG and Champion BAO/TANG

ダブルスは、準決勝で高橋礼華・松友美佐紀組にストレート勝ちしたタン・ジンフア/バオ・イーシン組が、準々決勝で樽野恵・新玉美郷組を倒したタン・ユエンティン/オウ・ドンニ組をフルゲームの末に下して、10月のデンマークオープンとフレンチオープンに続き、2カ月で3つ目のSSタイトルを手にした。この2つのペアは今後、日本の女子ダブルス陣にとって新たな脅威になっていくことが予想される

決勝の結果

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)〈21-13,21-9〉ソニー・ドゥイ・クンチョロ(インドネシア、世界13位)

【女子シングルス】 ワン・シーシャン(中国、世界3位)〈13-21,21-16,15-21〉ワン・イーハン(中国、世界5位)

【男子ダブルス】 キム・サラン/キム・ギジョン(韓国、世界7位)〈21-12,15-21,18-21〉イ・ヨンデ/ユ・ヨンソン(韓国、世界31位)

【女子ダブルス】 タン・ジンフア/バオ・イーシン(中国、世界30位)〈18-21,21-16,21-15〉タン・ユエンティン/オウ・ドンニ(中国、世界52位)

【混合ダブルス】 クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック(英国、世界7位)〈21-14,24-22〉リュウ・チェン/バオ・イーシン(中国、世界58位)

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: