4singles and 4doubles of Japan survive

韓国オープンSSプレミア、日本選手で1回戦を勝ち上がったのは、【男子シングルス】田児賢一【女子シングルス】廣瀬栄理子後藤愛佐藤冴香【男子ダブルス】佐藤翔治・川前直樹組【女子ダブルス】末綱聡子・前田美順組、藤井瑞希・垣岩令佳組、高橋礼華・松友美佐紀組――の合わせて4単4複

前週行われたマレーシアオープンSSの会場であるクアラルンプールから、気温差約40度のソウルへそのまま移動した選手の一部が体調不良などにより苦戦を強いられたのに対し、マレーシアオープンSS出場を回避し、日本からソウル入りした世界ランク上位の末綱・前田組、藤井・垣岩組、廣瀬選手はいずれも快勝した

あすの2回戦では、女子ダブルスを除いて、すべての選手が世界トップ10との対戦になる

【男子シングルス】 田児(世界17位)対チェン・ロン(中国、世界4位)

【女子シングルス】 廣瀬(世界13位)対ティネ・バウン(デンマーク、世界5位)、後藤(世界18位)対ワン・シーシャン(世界2位)、佐藤(世界27位)対サイナ・ネワル(インド、世界4位)

【男子ダブルス】 佐藤・川前組(世界29位)対マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(デンマーク、世界1位)

【女子ダブルス】 末綱・前田組(世界2位)対マリネロ・サンドラ/バージット・ミシェルズ組(ドイツ、世界18位)、藤井・垣岩組(世界9位)対ジュワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ組(インド、世界40位)、高橋・松友組(世界27位)対マー・ジン/チェン・シュ―組(中国)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s