Welcome to Japan

きょう21日に開幕するジャパンオープン・スーパーシリーズ(SS)に出場する各国選手が20日、続々と東京入り。東京体育館のメーンコートを使って、国・地域ごとに時間帯をくぎった約2時間ずつの練習も行った

Helping each other

男子シングルスの世界ランク8位、グエン・ティエンミン選手が出場するベトナムは帯同コーチと2人きりだが、同じ時間帯に練習していたタイ・チームのタノンサク・センソンプーンソック選手(世界27位)が加わり、2対1によるレシーブ練習や本番さながらのミニゲームをこなし、汗を流した

また、隣のコートで男女混合で練習していたフランスの女子シングルス、ピ・ホンヤン選手(世界7位)が、「練習相手が必要?」と自発的にベトナムのコーチに声をかけたり、インドネシアの若手選手との基礎打ちの相手を引き受けるなど、選手同士で互いに気配りをする姿も見られた

今大会、世界ランク上位が勢ぞろいした男子シングルスの選手の中では、腰部を痛め体調が心配されていた世界1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)をはじめ、世界2位のベテラン、ピーター・ゲード選手(デンマーク)、昨年のジャパンオープン準優勝、世界4位のタウフィック・ヒダヤット選手(インドネシア)らが、自国選手団に交じって時折笑顔も見せながら体を動かしていた

前週のチャイナマスターズSSで5種目制覇を果たした中国チームは、20日夜に宿泊先のホテルに到着。この日、試合会場での練習はなかった

ジャパンオープンは21日の予選を経て、22日から本戦に突入する

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: