End of Career?

Steroid in badminton

世界バドミントン連盟(BWF)は4日、女子シングルス元世界ランク1位、香港のツォウ・ミー(周蜜)選手(現世界13位)に対し、2年間のバドミントン競技会への出場禁止処分を科すと発表した

理由は、6月28日に実施したドーピング検査の結果、禁止物質が検出されたというもの。BWFによれば、検出されたのは、アナボリックステロイドの一種、クレンブテロール(Clenbuterol とされる

ツォウ選手は、シンガポールオープン・スーパーシリーズ(SS、6月15~20日)直前の同月13日、体調不良のため、シンガポールの薬局で漢方薬を購入して自身に投与したことを認めた。ただ、禁止物質が含まれていたとは知らなかったと主張。過去に一度も違反したことがなく、意図的なものではないとして、BWFに処分の再考を求める訴えを行う考えを示している。同選手は、シンガポールオープンSSと翌週のインドネシアオープンSS(同月22~27日)で、いずれも1回戦負けを喫した

処分が確定すれば、ツォウ選手は来年以降の国際大会の成績が成否を決めるロンドン五輪出場の望みを断たれる。中国代表として幾多のタイトルを獲得し、2007年からは香港へ活動拠点を移し世界のトップクラスとして長く活躍してきた31歳のベテランが、選手生命の危機に直面している

Zhou Mi banned for two years

Saturday, September 04, 2010

The BWF announced today that a BWF Doping Hearing conducted in Copenhagen on Monday 23 August has banned ZHOU Mi (HKG) for 2 years from participation in badminton, following an Adverse Analytical Finding.

The Hearing was the result of an Adverse Analytical Finding of a sample taken from ZHOU Mi in late June as part of the BWF’s ‘out-of-competition’ testing programme. ZHOU Mi tested positive to Clenbuterol, a Class 1 Anabolic Agent on the WADA Prohibited List of substances.

ZHOU Mi cannot participate in any badminton at the international, national and local level for a period of 2 years.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s