Archive | Doping RSS feed for this section

Protected: ChongWei given another chance for Olympic title after doping violation

There is no excerpt because this is a protected post.

Continue reading

World No.1 ChongWei damages his image by failing dope test

男子シングルス世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手が、8月の世界選手権コペンハーゲン大会で実施されたドーピング検査(A検体)に続いて、今月5日にノルウェー・オスロで行ったB検体の確認検査でも使用禁止物質の陽性反応と判定されたことが判明した。同選手が所属するマレーシアバドミントン協会(BAM)が8日、明らかにした。最終的な処分はまだ決定していないものの、長くバドミントン競技のアイコンとして活躍してきた32歳のイメージダウンは避けられないところだ リー選手の名前は、同選手を支えていく方針を確認したマレーシア政府のカイリー・ジャマルディン青年スポーツ相が明かした

Continue reading

Korean star banned for a year from competitions incl Asian Games

世界バドミントン連盟(BWF)は28日、韓国のイ・ヨンデ選手とキム・ギジョン選手に対し、ドーピング防止規定に照らして1年間の競技活動を禁じる制裁措置を科すと発表 した。ドーピングの競技外検査に必要な居場所情報の提供を要請されながら、昨年1年の間に3回果たさず、結果として検査を受けなかったのが理由とされる 両選手は、2月17日までにスイス・ジュネーブに本拠を構えるスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴える権利を有する。ただ制裁措置が覆らなければ、来年1月23日まで競技活動ができなくなり、今年9~10月に韓国で開催されるアジア大会への出場の道も閉ざされる

Continue reading

End of Career?

世界バドミントン連盟(BWF)は4日、女子シングルス元世界ランク1位、香港のツォウ・ミー(周蜜)選手(現世界13位)に対し、2年間のバドミントン競技会への出場禁止処分を科すと発表した 理由は、6月28日に実施したドーピング検査の結果、禁止物質が検出されたというもの。BWFによれば、検出されたのは、アナボリックステロイドの一種、クレンブテロール(Clenbuterol) とされる ツォウ選手は、シンガポールオープン・スーパーシリーズ(SS、6月15~20日)直前の同月13日、体調不良のため、シンガポールの薬局で漢方薬を購入して自身に投与したことを認めた。ただ、禁止物質が含まれていたとは知らなかったと主張。過去に一度も違反したことがなく、意図的なものではないとして、BWFに処分の再考を求める訴えを行う考えを示している。同選手は、シンガポールオープンSSと翌週のインドネシアオープンSS(同月22~27日)で、いずれも1回戦負けを喫した 処分が確定すれば、ツォウ選手は来年以降の国際大会の成績が成否を決めるロンドン五輪出場の望みを断たれる。

Continue reading