Tournament with ‘National’

フィリピンバドミントン協会(PBA)が、5月13~16日に開催された国内大会「フライパワー・ナショナル・エイジグループ・バドミントン・チャンピオンシップス」の運営者に噛みついた。大会名に「ナショナル」を使用したことで、政府のスポーツ機関である協会の権威を軽んじたとして警告を発した

協会の主張は、「ナショナル」と銘打った大会は協会が運営すべきというもので、運営者側に対し、大会の2週間前、大会名から「ナショナル」の文言を外すよう文書で命じたという

これに対し運営者は▼大会の宣材を既に印刷済み▼文字通り全国から参加者を集めた大会であること▼「ナショナル」の文言に特許はなく、誰でも使用できる――などの理由を挙げ、協会に「ナショナル」を外すのは無理と伝え、そのままの名称で大会を開催した

協会は現在、韓国のほか、東南アジア各国でプレゼンスを高めている台湾系ビクター(VICTOR)と用具の提供契約を交わしており、競合となるインドネシアのブランド、フライパワー(FLYPOWER)が「ナショナル」の大会スポンサーとなることを問題視したのだ

フライパワーは今年2月、男子ダブルスの北京五輪金メダリスト、インドネシアのマルキス・キド、ヘンドラ・セティアワン両選手と複数年のスポンサー契約を締結(国別対抗の団体戦を除く)。これに合わせて、おひざ元のインドネシアのほか、フィリピンでもジュニア選手に用具を無料提供するなど、販促活動を強化。今回の大会開催も、その一環と位置付けられる

The Philippine Badminton Association (PBA) admonished the organizers of the recent Flypower National Age Group Championships for their misinformation campaign and blatant disregard of the PBA’s authority to sanction such tournaments.

“As the governing body of the sport in the Philippines, it is the PBA’s main duty that badminton tournaments, most especially if it is a national level, are run in accordance with the rules and standards of the Badminton World Federation/Badminton Asia Confederation and the PBA.

The tournament was not sanctioned by the PBA.

(The Philippine Star) Updated May 30, 2010

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s