It’s LIN Dan in Asia, JORGENSEN in Europe

アジア選手権最終日、佐々木翔選手(1982年6月生まれ)と中国リン・ダン選手(83年10月生まれ)のベテラン2人による男子シングルス決勝は、佐々木選手が第1ゲームを先取するも、その後は力の差を見せられ、ゲームカウント1対2で敗れ準優勝に終わった。日本選手はこの大会、すべての種目を通じてまだ一度も優勝できていない

Sho to meet LIN Dan in the final

アジア選手権準決勝、男子シングルスの佐々木翔選手が、強豪を破ってここまで勝ち上がってきた韓国選手をストレートで降し、決勝に進んだ。佐々木選手にとって、準優勝した2011年ベトナムオープングランプリ(GP)から約3年ぶりとなる国際大会決勝で対戦するのは、北京、ロンドンと2度のオリンピックで金メダルを獲得した中国リン・ダン選手。過去10回の対戦で、勝ったのは2011年インドネシアオープンスーパーシリーズ(SS)プレミアでの1度だけ。ロンドン五輪準々決勝でファイナルゲームの末に敗れて(12-21,21-16,16-21)以来の顔合わせとなる

Kento and Minatsu lose to lower ranked opponents in the first round

アジア選手権が23日、韓国・金泉市で開幕した。日本からは男子シングルス2人、女子シングルス4人、男子ダブルス2組、混合ダブルス1組が参戦しているが、初日に男女シングルスのトップ2人、桃田賢斗選手と三谷美菜津選手が世界ランクがはるかに下の相手に敗れ、来月に迫った2年に1度の男女別の国・地域別対抗戦トマス・ユーバー杯に不安を残した。桃田選手は、今大会には出場していない田児賢一選手に次ぐ第2シングルス、現在世界ランク日本勢トップの三谷選手は第1シングルスとして、トマス・ユーバー杯での活躍が期待されている 上位大会スーパーシリーズ(SS)に次ぐグランプリ(GP)ゴールドと同等の位置付けとなるアジア選手権。主催するアジアバドミントン連盟(BAC)は今年、昨年までと変えて、世界選手権にならい、世界ランク(3月27日付)に基づき各国・地域上位シングルス4人/ダブルス3ペア(最大枠)に出場資格を与えた。ただ、