World Tour resumes in Odense

ワールドツアー再開初戦のデンマークオープン(SUPER750)。例年と変わらぬオーデンセの会場で13、14両日、各種目の1回戦が行われ、シングルスに参戦の奥原希望と西本拳太はそろって白星を挙げた

Nozomi in R1 ~photo courtesy of BWF (Copyright : Badmintonphoto)

女子シングルスの奥原は、昨年開催された4年に一度のヨーロッパ競技大会で準優勝したカースティ・ギルモア(スコットランド)と対戦した。初戦にしては難しい相手で、第2ゲーム後半、逆転を許しリードを奪われる場面はあったが、ストレートで勝利を収めた

奥原は試合後、世界バドミントン連盟(BWF)の取材に答え、相手の良さを認め、試合最終盤は接戦でより集中しなければならなかったとした。その上で(久しぶりの試合について)、勝ち負けよりも、コートに戻ってプレーしたかった、とコメントした

この種目、アジア勢が揃って出場を見送ったため、世界トップ20は、【4位】奥原【6位】カロリナ・マリン(スペイン)【10位】ミッシェル・リ(カナダ)【15位】ツァン・ベイウェン(USA)【18位】ミア・ブリクフェルト(デンマーク)――の5人。いずれも順当に2回戦へ進んでいる

Kenta in R1 ~photo courtesy of BWF (Copyright : Badmintonphoto)

男子シングルスでは、西本がイスラエルの31歳、ミーシャ・ジルバーマンをストレートで退け、ベスト16入り。2回戦でフランスの34歳、ブリス・レベルデスと対戦する

西本は試合後、BWFの取材に対し、デンマークへ来ることには懸念があったと認めながらも、この大会でプレーしたい意向が強かった、とした

アジア勢の参戦が最も多かったこの種目だが、初戦でインドのアジャイ・ジャヤラムとスバンカル・デイが敗退。残っているのは、西本、チョウ・ティエンチェン(台湾)、スリカンス・キダンビ、ラクシャ・セン(ともにインド)の4人となった

日本選手1回戦の結果

【男子シングルス】西本拳太(第6シード)<21-9,21-10>ミーシャ・ジルバーマン(イスラエル)

【女子シングルス】奥原希望(第2シード)<21-7,21-19>カースティ・ギルモア(スコットランド)

 

日本選手2回戦の対戦カード

【男子シングルス】西本拳太(第6シード)対ブリス・レベルデス(フランス)

【女子シングルス】奥原希望(第2シード)対ジョーダン・ハート(ウェールズ)

【女子ダブルス】福島由紀・廣田彩花(第1シード)対イサベル・ヘルトリッチ/リンダ・エフレル(ドイツ)、永原和可那・松本麻佑(第2シード)対クララ・グラバ―セン/ナターシャ.P.アント二セン(デンマーク)

 

この大会の結果が反映される、来年1月タイ・バンコクで開催予定の「HSBCワールドツアーファイナル」(以降ファイナル)の出場資格を争うランキング(※以下参照。通常の世界ランキングとは異なる)。ワールドツアー再開前の時点で、西本は出場圏内の8位、奥原は12位につけている

ワールドツアー再開の方法を模索するBWFは8月27日、年内の大会を、10月のヨーロッパ(デンマーク)2大会、11月のアジア2大会+ファイナルに再編。国際的に競技会の再開時等に用いられる感染拡大防止策「バブル」のコンセプトに沿い、ファイナル出場資格を得るには、連続して行われるデンマークオープン2大会とアジアオープン2大会すべてへの出場を義務付けた。しかし9月25日、アジアオープン2大会の来年1月への延期を決めたのに合わせて、デンマークオープンへの出場を見送った選手も、アジアオープン2大会に出場すれば、ファイナルへの出場資格が得られるよう条件を見直し、変更した

【Men’s Singles】

1)  ビクター・アクセルセン (Denmark-1)                    33220 pts

2)  ワン・ツーウェイ (Taiwan)                    23840 pts

3)  シー・ユーチ (China-1)                    23250 pts

4)  ウン・カロン (HongKong)                    20020 pts

5)  リー・ヅージア (Malaysia)                    19790 pts

6)  ツァオ・ジュンペン (China-2)                    18420 pts

7)  アンダース・アントンセン (Denmark-2)                    18420 pts

8)  西本拳太 (Japan-1)                    17950 pts

------------------------------------

23)  常山幹太 (Japan-2)                   11990 pts

30)  桃田賢斗 (Japan-3)                     9200 pts

 

【Women’s Singles】

1)  カロリナ・マリン (Spain)                    40470 pts

2)  ラッチャノク・インタノン (Thailand-1)                    23250 pts

3)  ポーンパウィー・チョチュウォン (Thailand-2)                    22460 pts

4)  ワン・ジューイ (China-1)                    21780 pts

5)  チェン・ユーフェイ (China-2)                    21620 pts

6)  アン・セヨン (Korea)                    20340 pts

7)  タイ・ツーイン (Taiwan)                    19800 pts

8)  山口茜 (Japan-1)                    19420 pts

-----------------------------------

11)  高橋沙也加 (Japan-2)                    17290 pts

12)  奥原希望 (Japan-3)                    17040 pts

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: