Day 4 of WC : One more step to podium,16 shuttlers of Japan into QF

世界選手権4日目、各種目3回戦が行われベスト8が出揃い、日本勢の勝ち残りは16人。ほとんどがストレート勝ちの勝者と、わずかな差で涙を飲んだ敗者、明暗が分かれた

Nozomi advanced to QF for three consecutive years ~photo courtesy of SportsPix360

勝ってベスト8入りした日本選手は、【男子シングルス】桃田賢斗【女子シングルス】奥原希望【男子ダブルス】園田啓悟・嘉村健士小林優吾・保木卓朗【女子ダブルス】永原和可那・松本麻佑、高橋礼華・松友美佐紀福島由紀・廣田彩花米元小春・田中志穂【混合ダブルス】渡辺勇大・東野有紗――

このうちフルゲームを戦ったのは、第1ゲーム、終盤20-17から逆転された園田・嘉村のみで、ほかはすべてストレート勝ち。福島・廣田も第1ゲーム、20-13から追いつかれるもたつきを見せたが、22-20できり抜け、事なきを得ている

日本女子シングルス陣で唯一の勝ち残りとなった奥原の相手は、7月の取材時、対戦間隔が空いているとして、今戦いたい上位選手として名前を挙げた韓国ソン・ジヒョン。2018年11月の中国・福州オープン以来で、どのような試合になるか注目されたが、始まってみると、序盤こそもみあったものの、徐々に奥原が自分のペースに持ち込み、その流れのまま勝ちを手にした

奥原は、初優勝を遂げた2017年から3大会連続のベスト8入り。ただ、昨年はここから先に進めなかっただけに、さらに上、が至上命題となる

男子ダブルスでは、小林・保木が、今シーズン躍進のきっかけの1つになった3月アジア男女混合団体戦で初めて勝てた中国2番手を抑え込んで勝利。先に中国3番手を破った園田・嘉村が待つ準々決勝へ進んだ。2017年、18年と続いた2回戦負け(ベスト32)の結果を既に上回り、3度目の挑戦でメダルに届くか

女子ダブルスは日本の4ペアが順当に勝ち上がり。第1~8シードがすべて残った準々決勝で、まずはベスト4入りを争う。永原・松本と米元・田中は同国対決、高橋・松友と福島・廣田はそれぞれ、中国リ・インフェイ/ドゥ・ユエ、韓国シン・スンチャン/イ・ソヒとの対戦になる

混合ダブルスの渡辺・東野は、7月インドネシアオープン(SUPER1000)で途中棄権により初黒星を喫したイングランドのクリス・アドコック/ガブリエル・アドコックに快勝。17年ベスト32、18年ベスト16を受けてのベスト8入りで、結果でも成長を証明している。準々決勝では、前月、ジャパンオープン(SUPER750)でストレート負けしたマレーシアのチャン・ペンスーン/ゴー・リュウインを相手に、メダル獲りに挑戦する

So close, but not close enough ~photo courtesy of SportsPix360

一方、この日敗れた日本勢のうち、西本拳太、常山幹太、金子祐樹・井上拓斗は、あと1、2点が遠く、勝機を逸した

西本は、世界ランクがほぼ同じ、直近の対戦で敗れているマレーシアのリー・ヅージアと1ゲームずつ取り合う。迎えたファイナルゲーム、17-20と後がなくなったところから連続得点を決め追いついて見せたが、そのまま押し切ることは叶わず、20-22で敗退。世界最高峰の舞台でメダルをかけた日本の1、2番手による直接対決、は実現できなかった

金子・井上は過去5戦全敗の第2シード、中国リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイに、オープニングゲームを11-21と圧倒されるが、盛り返して、ファイナルゲームまで持ち込む。一進一退の攻防を経て17-20とマッチポイントを握られるが、ここでも食い下がり1点差まで詰め寄る。ただ次の1点が取れずに、敗戦となった

常山は、開幕前日の記者会見で、「今大会、メダルなしでは満足しない」と言い切った優勝候補の一角、デンマークのアンダース・アントンセンとの大一番に臨んだ。いきなり1-13と劣勢に立たされるが、気持ちを切らさずに追い上げ20-20で並ぶと、次の1点も奪ってゲームポイントを握る。しかし決め切れず、21-23で第1ゲームを落とす。第2ゲームも果敢に挑み、前半を11-8とリードして折り返す。後半追い上げられ17-18。ここも追いついて見せたが、最後は地力に勝る相手に3連続得点を許し、及ばなかった

 

日本選手以外では、男女シングルスで、6月のヨーロッパ競技大会チャンピオン、デンマークのアンダース・アントンセンとミア・ブリクフェルトが、アジア勢によるベスト8独占に待ったをかけた

ブリクフェルトは、「子どもの頃、テレビで試合を見ていた」というインドのベテラン、サイナ・ネワルと初めて対戦。第1ゲームを落とした後、切り替えて臨んだ第2ゲームの出だしで流れをつかむと、2ゲームを連取し、逆転勝ちを収めた

試合後には、大会初日(19日)に22歳になったばかりで、獲得を夢見ていた世界選手権のメダルで誕生日を祝えればと述べ、中国のエース、チェン・ユーフェイと対峙する準々決勝で全力を出し切りたいと意気込んだ

一方、ネワルは、世界選手権には2006年から11回連続で出場しているが、20代最後の今年、09年以降一度も外してこなかったベスト8に届かず、大会を終えた。過去、表彰台に上がったのは、15年(銀メダル)と17年(銅メダル)の2回

また、第1シードの山口茜を破るなど、今大会台風の目となっているシンガポールの20歳ヨー・ジアミンが、ベトナムのヴ・ティチャンを破りベスト8入りを果たした。同じく、シード選手を倒してここまで勝ち上がったシンガポールの22歳ロー・キーンユーは、第2シードの台湾チョウ・ティエンチェンにファイナルゲーム16-18まで迫ったが、敗れ、初めての世界選手権、結果はベスト16となった

 

4日目(3回戦)の結果

【男子シングルス】

桃田賢斗(第1シード)<21-19,21-12>プラノイ・ハシーナ・スニルクマール(インド)

西本拳太(第8シード)<15-21,21-11,20-22>リー・ヅージア(マレーシア、第14シード)

ジョナタン・クリスティ(インドネシア、第4シード)<21-12,21-16>ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク)

アンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア、第6シード)<19-21,13-21>B.サイ・プラニース(インド、第16シード)

アンダース・アントンセン(デンマーク、第5シード)<23-21,21-18>常山幹太(第13シード)

チェン・ロン(中国、第3シード)<21-13,17-21,21-16>ウン・カロン(香港、第9シード)

キダンビ・スリカンス(インド、第7シード)<14-21,13-21>カンタポン・ワンチャロン(タイ、第12シード)

チョウ・ティエンチェン(台湾、第2シード)<21-13,18-21,21-17>ロー・キーンユー(シンガポール)

 

【女子シングルス】

ヨー・ジアミン(シンガポール)<21-15,14-21,21-16>ヴ・ティチャン(ベトナム)

ラッチャノク・インタノン(タイ、第7シード)<18-21,23-21,21-10>グレゴリア・マリスカ・トゥンジュン(インドネシア、第14シード)

奥原希望(第3シード)<21-18,21-13>ソン・ジヒョン(韓国、第10シード)

ホー・ビンジャオ(中国、第6シード)<21-18,21-14>ハン・ユエ(中国、第13シード)

サイナ・ネワル(インド、第8シード)<21-15,25-27,12-21>ミア・ブリクフェルト(デンマーク、第12シード)

チェン・ユーフェイ(中国、第4シード)<21-18,17-21,21-17>ミッシェル・リ(カナダ、第11シード)

プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド、第5シード)<21-14,21-6>ツァン・ベイウェン(USA,第9シード)

タイ・ツーイン(台湾、第2シード)<24-22,24-22>キム・ガウン(韓国)

 

【男子ダブルス】

リー・ヤン/ワン・チリン(台湾、第11シード)<21-19,21-23,16-21>チェ・ソルギュ/ソ・スンジェ(韓国)

ムハンマド・ライアン・アルディアント/ファジャル・アルフィアン(インドネシア、第7シード)<21-23,21-11,21-11>ゴー・ウェイシェム/タン・ウィーキョン(マレーシア、第14シード)

ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、第4シード)<21-19,21-16>アダム・ホール/アレキサンダー・ダン(スコットランド)

アンダース・スカールプ・ラスムセン/キム・アストルプ・ソレンセン(デンマーク、第8シード)<19-21,21-12,17-21>リャオ・ミンチュン/スー・チンヘン(台湾、第13シード)

ツォウ・ハオドン/ハン・チェンカイ(中国、第6シード)<18-21,16-21>小林優吾・保木卓朗(第12シード)

園田啓悟・嘉村健士(第3シード)<21-23,21-14,21-12>タン・チエン/ホー・ジティン(中国、第10シード)

ツァン・ナン/リュウ・チェン(中国、第16シード)<21-18,21-17>マーク・ラムスファス/マルビン・シーデル(ドイツ)

リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイ(中国、第2シード)<21-11,19-21,21-19>金子祐樹・井上拓斗

 

【女子ダブルス】

永原和可那・松本麻佑(第1シード)<21-19,21-19>サラ・ティゲセン/マイケン・フォイヤーゴール(デンマーク、第16シード)

米元小春・田中志穂(第8シード)<21-18,21-18>ラウィンダ・プラジョンジャイ/ジョンコンパン・キッティハラクン(タイ、第11シード)

チェン・チンチェン/ジア・イーファン(中国、第4シード)<19-21,21-17,21-16>キム・ソヨン/コン・ヒヨン(韓国、第9シード)

グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第5シード)<21-19,21-16>ガブリエラ・ストエバ/ステファニ・ストエバ(ブルガリア、第10シード)

リ・インフェイ/ドゥ・ユエ(中国、第7シード)<21-15,11-21,21-8>ビビアン・フー/ヤップ・チェンウェン(マレーシア、第15シード)

高橋礼華・松友美佐紀(第3シード)<21-12,21-13>リー・メンイーン/チョウ・メイクアン(マレーシア、第13シード)

シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、第6シード)<21-17,21-18>リズキ・アメリア・プラディプタ/デラ・デスティアラ・ハリス(インドネシア、第14シード)

福島由紀・廣田彩花(第2シード)<22-20,21-16>ツェン・ユー/リ・ウェンメイ(中国、第12シード)

 

【混合ダブルス】

ツェン・シウェイ/ホワン・ヤチオン(中国、第1シード)<21-17,21-12>ハフィズ・ファイザル/グロリア・エマヌエル・ウィジャジャ(インドネシア、第10シード)

ソ・スンジェ/チェ・ユジョン(韓国、第7シード)<21-17,21-6>ニピトポン・プアンプアぺト/サビトリー・アミトラパイ(タイ、第15シード)

渡辺勇大・東野有紗(第3シード)<21-13,21-11>クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック(イングランド、第11シード)

チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、第5シード)<17-21,21-13,21-14>保木卓朗・永原和可那

プラビーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ(インドネシア、第6シード)<13-21,23-21,8-21>ロビン・タベリング/セリーナ・ピーク(オランダ)

デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ(タイ、第4シード)<21-17,21-7>タン・キアンメン/ライ・ペイジン(マレーシア、第14シード)

マーカス・エリス/ローレン・スミス(イングランド、第8シード)<14-21,14-21>タン・チュンマン/ツェ・インシュー(香港、第9シード)

ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第2シード)<21-9,21-19>ルー・カイ/チェン・ルーリ>(中国、第16シード)

------------------------------------

5日目(準々決勝)の対戦カード

【男子シングルス】

桃田賢斗(第1シード)対リー・ヅージア(マレーシア、第14シード)

②ジョナタン・クリスティ(インドネシア、第4シード)対B.サイ・プラニース(インド、第16シード)

③チェン・ロン(中国、第3シード)対アンダース・アントンセン(デンマーク、第5シード)

④チョウ・ティエンチェン(台湾、第2シード)対カンタポン・ワンチャロン(タイ、第12シード)

 

【女子シングルス】

①ラッチャノク・インタノン(タイ、第7シード)対ヨー・ジアミン(シンガポール)

奥原希望(第3シード)対ホー・ビンジャオ(中国、第6シード)

③チェン・ユーフェイ(中国、第4シード)対ミア・ブリクフェルト(デンマーク、第12シード)

④タイ・ツーイン(台湾、第2シード)対プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド、第5シード)

 

【男子ダブルス】

①ムハンマド・ライアン・アルディアント/ファジャル・アルフィアン(インドネシア、第7シード)対チェ・ソルギュ/ソ・スンジェ(韓国)

②ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、第4シード)対リャオ・ミンチュン/スー・チンヘン(台湾、第13シード)

園田啓悟・嘉村健士(第3シード)対小林優吾・保木卓朗(第12シード)

④リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイ(中国、第2シード)対ツァン・ナン/リュウ・チェン(中国、第16シード)

 

【女子ダブルス】

永原和可那・松本麻佑(第1シード)対米元小春・田中志穂(第8シード)

②チェン・チンチェン/ジア・イーファン(中国、第4シード)対グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第5シード)

高橋礼華・松友美佐紀(第3シード)対リ・インフェイ/ドゥ・ユエ(中国、第7シード)

福島由紀・廣田彩花(第2シード)対シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、第6シード)

 

【混合ダブルス】

①ツェン・シウェイ/ホワン・ヤチオン(中国、第1シード)対ソ・スンジェ/チェ・ユジョン(韓国、第7シード)

渡辺勇大・東野有紗(第3シード)対チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、第5シード)

③デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ(タイ、第4シード)対ロビン・タベリング/セリーナ・ピーク(オランダ)

④ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第2シード)対タン・チュンマン/ツェ・インシュー(香港、第9シード)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: