Japan stays Bronze defeated by China who retains Gold

アジアジュニア選手権男女混合団体戦、日本は準決勝で中国に敗れ、2年連続の銅メダルに終わった。優勝は中国、準優勝は韓国で、これら3チームの結果は昨年と同じ。3位タイには、前年のインドネシアに代わって、地元の台湾が入った ジュニア強化部ヘッドコーチの長谷川博幸氏は BadPaL の取材に応じ、団体戦を振り返り、「メダルの色は昨年と同じだが、(一次リーグ2戦目で)韓国を破ったことを評価したい。過信は禁物だが、選手たちにとって自信になると思う」と述べた

Team young Japan aiming for 3rd consecutive medal in Asia Junior

アジアジュニア選手権(U19:19歳未満)が16日、台北市で開幕する。今年は4年に一度のユースオリンピック(第2回)が8月に開催されるため、ジュニアの国際大会は軒並み例年より前倒し。アジアジュニア選手権は昨年の7月から今年は2月、世界ジュニア選手権は昨年の11月から今年は4月にそれぞれ変更されての開催となる まず16~19日、男女混合団体戦が行われる。エントリーした14カ国・地域をチームランキングに基づき4つのグループに分け、総当たりの一次リーグを戦い、各グループ上位2チームずつが準々決勝に進む。3年連続のメダル獲得を目指す日本は、◆中国(昨年優勝)◆タイ◆インドネシア(昨年3位タイ)◆韓国(昨年準優勝)――に次ぐ第5シードで、韓国、フィリピンと同じグループCに入った

Russian and Korean shuttlers assist MUSICA to defend Superliga title

インドネシアスーパーリーガ最終日、男子決勝に残ったのは開幕前の予想通り、世界ランク上位の外国人を複数助っ人に迎えた2チーム。田児賢一選手を加えたジャヤラヤ・ジャカルタが、昨年の覇者ムシカチャンピオンからのタイトル奪取に挑んだ ジャヤラヤの先鋒として決勝のコートに立った田児選手の相手は、世界ランクで見れば51位と伏兵ながら、昨年6月のインドネシアオープンスーパーシリーズ(SS)プレミアで不覚を取ったインドネシアのアラムシャ・ユヌス選手。

Japan League champ UNISYS fails to become Int’l champ

インドネシアスーパーリーガ6日目、女子決勝は、2013年スーパーリーガを制したジャヤラヤ・ジャカルタと、2013年日本リーグチャンピオンの日本ユニシスという、インドネシアと日本のトップチームによる頂上決戦となった。2対3と惜敗した昨年決勝のリベンジを狙った日本ユニシスだったが果たせず、ジャヤラヤが国際クラブ対抗戦2連覇を達成した この試合のカギは、昨年の決勝でも対戦した高橋沙也加選手とブサナン・ウンバンルンパン選手(タイ)の2人による第1シングルスだった。

UNISYS defeats RENESAS in the semifinal once again

インドネシアスーパーリーガ5日目、女子準決勝が行われ、昨年と同じカードとなった日本ユニシス対ルネサスの試合は日本ユニシスが3対0で勝ち、2年連続で決勝に進んだ。テレビ放映の関係でシングルス3つを先に行う試合順となり、シングルスに強みを持つ日本ユニシスが、高橋沙也加、打田しづか、奥原希望の3選手で一気に勝負を決めた 3人は試合後、それぞれ BadPaL の取材に応じた