Thomas/Uber Cups’ Draws ain’t bad for Japan

オリンピックレース終了後の5月に中国・武漢で開催される、男女別の国地域別対抗戦トマス・ユーバー杯本戦。その組み合わせ抽選会が15日に行われ、日本は総当たりの一次リーグで、男子がロシアとニュージーランド、女子がデンマークとアメリカと同じグループに入った

2年に一度のトマス・ユーバー杯は、2月に行われた大陸ごとの予選を勝ち抜いた国・地域が3チームずつのグループに分かれて一次リーグを戦い、各グループの上位2チームが決勝トーナメント(準々決勝)に進む

Since 1979, Japanese Men grabbed Bronze in Thomas Cup 2010

アジア予選で女子優勝、男子準優勝という好成績を収めた日本。前回クアラルンプール大会(2010年)では男女共に銅メダルという快挙を成し遂げている https://badpal.net/2010/05/18/double-bronze-to-japan/) 武漢では2大会連続のメダル獲得、さらに決勝進出を狙う

一次リーグの1位突破に向け、 ドローに恵まれた男子に比べ、女子は、中国、韓国、タイといったアジアの強豪とは別のグループになったものの、ヨーロッパの覇者デンマークが最初の壁として立ちはだかる。とりわけシングルスのティネ・バウン選手とダブルスのクリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール組は難敵だが、日本の持ち味である総合力を発揮し、シングルス3人、ダブルス2組の計5試合のうち3勝以上して振り切りたいところだ

トマス杯(男子)は、前回優勝で開催国の中国に加えて、アジアブロック(※)から日本インドネシアマレーシア韓国、ヨーロッパブロックからデンマークドイツイギリス、ロシア、オセアニアブロックからニュージーランド、パンアメリカ(南北アメリカ)ブロックからアメリカ、アフリカブロックから南アフリカの合わせて12カ国が、3カ国ずつ4つのグループに分かれた

【Aグループ】 中国、インドネシア、イギリス

【Bグループ】 日本、ロシア、ニュージーランド

【Cグループ】 デンマーク、マレーシア、南アフリカ

【Dグループ】 韓国、ドイツ、アメリカ

※トマス杯アジア予選の結果 (https://badpal.net/2012/02/20/runner-up-japan-needs-step-up-to-catch-up-with-mighty-china/

 

ユーバー杯(女子)は、前回優勝の韓国と開催国の中国に加えて、アジアブロック(※)から日本タイ台湾インドネシア、ヨーロッパブロックからデンマークドイツオランダ、オセアニアブロックからオーストラリア、パンアメリカ(南北アメリカ)ブロックからアメリカ、アフリカブロックから南アフリカの合わせて12カ国・地域が、3カ国・地域ずつ4つのグループに分かれた

【Aグループ】 中国、インドネシア、南アフリカ

【Bグループ】 台湾、タイ、オランダ

【Cグループ】 韓国、ドイツ、オーストラリア

【Dグループ】 日本、デンマーク、アメリカ

※ユーバー杯アジア予選の結果 (https://badpal.net/2012/02/19/japanese-women-become-asian-team-champion/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s