Archive | WorldJuniorChampionships2017 RSS feed for this section

Warning sign for Japanese Women toward post-Tokyo now visible

日本のバドミントン界をけん引する女子に黄信号――。今シーズンここまで、全英オープンを除くスーパーシリーズ(SS)9大会に連続してファイナリストを輩出している現在の好調に照らすと、にわかには受け入れがたいかもしれないが、「ポスト東京」に目を向けた時、世界上位に日本女子の不在が生じる可能性が可視化してきた Advertisements

Continue reading

First ever World Junior MD champion produced from Japan

世界ジュニア選手権・個人戦決勝、久保田友之祐・金子真大組が、団体戦で苦杯を喫したアジアジュニア選手権覇者の中国ペアを破って優勝。男子ダブルスでは史上初の日本人チャンピオンとなった

Continue reading

Yunosuke/Mahiro reaches World Junior final by beating top seed

世界ジュニア選手権・個人戦準決勝、男子ダブルスの久保田友之祐・金子真大組は、第1シードのキム・ウォンホ/カン・ミンヒョク組(韓国)にファイナルゲーム21-19で競り勝ち、この種目、日本勢では史上3ペア目のファイナリストとなった

Continue reading

U19 Japanese shuttlers secure individual medals for 11-year in a row

世界ジュニア選手権・個人戦準々決勝、奈良岡功大選手と久保田友之祐・金子真大組が勝って準決勝進出。この時点で日本のU19(19歳未満)代表は、2007年から連続して獲得している個人戦のメダルを、今年も確保した

Continue reading

2 men and 2 pairs of Japan make QF at World Junior individual

世界ジュニア選手権は、男女混合団体戦から1日置いて、16日に個人戦がスタート。19日までに各種目のベスト8が出揃った。日本勢は男子シングルスに2人、男子ダブルスに2ペアが勝ち残り、メダル獲得を目指し20日の準々決勝に挑む

Continue reading