Akane, Yugo/Takuro stand at summit in Huelva

世界選手権・ウエルバ大会は19日、最終日を迎え、山口茜と小林優吾・保木卓朗が自身初の世界タイトルを獲得して、3カ月間続いた今回の連戦、ひいては2021年のシーズンを締めくくった

Not once but twice, 3-time to make final in Bali

ワールドツアーファイナルは4日、各種目の準決勝が行われ、渡辺勇大・東野有紗が2週連続、志田千陽・松山奈未と小林優吾・保木卓朗は3週連続で、タイトル挑戦の権利を得た

Choices of Asian shuttlers

3月の全英オープン後、中断していたワールドツアーの再開初戦、デンマークオープン(SUPER750)が13日、開幕する。コロナウイルス感染リスクに照らし、世界ランク上位に名を連ねるアジアの選手が相次いで出場を見送る中、日本からは個々の選択として、女子5人、男子1人の計6人が参戦する