Archive | Uncategorized RSS feed for this section

Yuki/Sayaka secures a slot at Finals by winning season’s last 750 title

中国・福州オープン決勝、福島由紀・廣田彩花がディフェンディングチャンピオンを破り、今シーズン最後の「SUPER750」のタイトルを奪取。年末に行われるワールドツアーファイナルへの出場資格も得た。また、桃田賢斗は2連覇を達成し、年間優勝回数を10に上げた

Continue reading

Mizuno, one of Olympians’ choices from Japan

リオデジャネイロ五輪への出場権を手にした日本選手9人のうち、早川賢一選手と奥原希望選手の2人にラケットを提供しているのがミズノだ。業界最大手ヨネックスのほか、台湾発のビクター(勝利体育)、中国リニン(李寧)という3つの東アジアブランドが国際市場で高いプレゼンスを示すが、まずは日本での地位を確立し、そこから東南アジアをはじめグローバルに市場規模を伸長をさせたいというミズノ本社広報担当者に BadPaL が話を聞いた

Continue reading

From Courtside 2010

2010年のシーズンも終わり、2011年はいよいよ、ロンドン五輪出場枠獲得に向け、各国・地域の選手による世界ランクを競うオリンピックレースが本格化する 2010年は、中国をはじめとするバドミントン強国に対抗する新興勢力の躍進が確認された年だった。とりわけ女子では、スーパーシリーズ(SS)3勝。中でも最終戦の香港オープンでは中国トップ選手を下して栄冠をつかんだインドの20歳サイナ・ネワル選手や、弱冠15歳ながらグランプリ(GP)とGPゴールドでそれぞれ1勝と結果を残したタイのインタノン・ラッチャノク選手の台頭が光った また韓国チームがユーバー杯で、7連覇を狙った中国を決勝で下す番狂わせを演じた。ただ中国はこのときの敗戦を糧に、アジア競技大会で見事にリベンジを果たしている

Continue reading

Welcome to BadPaL

Welcome to BadPaL ! Here, am posting various information about badminton and else Please join Cheers ! BadPaL(バドパル)にようこそ!海外のバドミントン事情を中心にさまざま情報をアップしていきます。気の向いた時にぜひのぞいて下さい

Continue reading