At least one Japanese finalist in WS secured

台湾マスターズGP本戦3日目、各種目の準々決勝が行われ、女子シングルスで峰歩美、川上紗恵奈、髙橋明日香の3人がベスト4に残った。準決勝で川上選手と髙橋選手が対戦するため、この時点で、日本から少なくとも1人の決勝進出が確定した

Four Japanese shuttlers into WS quarterfinals including qualifier Asuka

台湾マスターズGP本戦2日目、女子シングルスで日本勢4人がベスト8入りを果たした。中でも予選勝ち上がりの16歳、髙橋明日香選手は、コートの状況を冷静に見極めた上で、シードのインドネシア選手を1回戦同様、最終第5ゲームで振り切って勝ちをつかんだ

15-year old Kodai reaches 3rd round at Taiwan GP after defeating Olympians

新北市新荘で11日開幕した台湾マスターズグランプリ(GP)は、12日から本戦がスタート。11点×5ゲームで実施される国際大会で、慣れないポイントシステムの下、日本勢がどこまで力を発揮できるか注目される。本戦1日目は男子シングルスで、最年少の奈良岡功大選手が1、2回戦、いずれもリオデジャネイロ五輪に出場した選手を連破。常山幹太、丸尾亮太郎、堀内研人の日本勢3人とともにベスト16の一角を占めた