From Reserve-list to Fina-list

トヨタタイオープン準決勝、組み合わせ抽選後もリザーブリストにいて、出場できるか確定しないままタイに向けデンマークを出国したハンス・クリスチャン・ビッティングスが、上位大会「SUPER1000」決勝の舞台に立つ

Hans Kristian VITTINGHUS ~photo courtesy of BWF (Copyright : Badmintonphoto)

日本代表の直前の棄権により、タイオープン2大会の本戦出場枠を得たビッティングスがこの日、決勝進出をかけ戦ったのは、第3シードのアンダース・アントンセン

国際大会では初めての顔合わせとなったが、現在の力は世界ランク、実績ともに、ひとまわり年下のアントンセンが上。しかし、そのアントンセンが「自分より落ち着いていた」と試合後、語った通り、ビッティングスはオープニングゲームを終盤、18-19から逆転で取ると、フラストレーションが高まり気持ちが途切れたアントンセンを第2ゲームは8点に抑え、圧倒した

今月16日に35歳を迎えたベテランが「SUPER1000」クラスの上位大会で最終日のコートに立つのは、2014年12月のスーパーシリーズファイナル・ドバイ大会以来。試合直後には、気持ちを言葉でどう表現したらいいか分からない、としながら、あす(決勝)もまた挑戦する姿勢を強調した

もう一方の山からは、ビクター・アクセルセンが、アジアから唯一、この種目準決勝に進んだチョウ・ティエンチェンを退け勝ち上がり、2週連続優勝に挑む

TAI TzuYing ~photo courtesy of BWF (Copyright : Badmintonphoto)

女子シングルスでは、ホスト国のエース、ラッチャノク・インタノンと対戦したタイ・ツーインが、ファイナルゲーム相手マッチポイント(16-20)から逆転勝ち。前週の決勝で敗れたカロリナ・マリンとの再戦の権利をつかんだ

男子ダブルスと混合ダブルスでも、男女シングルス同様、前週のチャンピオンが2週連続優勝に王手をかけた。中でも、リー・ヤン/ワン・チリンは、直近の対戦で3連敗していた第2シードのヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサンに競り勝つ強さを見せた

Aaron CHIA / SOH WooiYik ~photo courtesy of BWF (Copyright : Badmintonphoto)

第6シードの台湾ペアに決勝で挑むのは、第8シードのアーロン・チア/ソー・ウーイイク。マレーシア代表のトップペアながら、前週は1回戦で代表を離れプロとなった同国のベテラン、ゴー・ウェイシェム/タン・ウィーキョンにストレート負け。ただ今週は、準々決勝で直接対決を制し、結果でも前週準優勝の「ゴー/タン越え」を狙う

女子ダブルスは、期待されながら前週そろって準決勝敗退に終わった韓国の2ペア、シン・スンチャン/イ・ソヒキム・ソヨン/コン・ヒヨンが勝って決勝進出。今回の遠征で、韓国チームにとって最初のタイトルを確保した

なお、女子ダブルス前週優勝のグレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユが4強どまりとなり、インドネシア勢は今週、誰も決勝に残れなかった

準決勝(23日)の結果

【男子シングルス】

アンダース・アントンセン(デンマーク、第3シード)<19-21,8-21>ハンス・クリスチャン・ビッティングス(デンマーク※リザーブ繰り上がり)

チョウ・ティエンチェン(台湾、第2シード)<19-21,15-21>ビクター・アクセルセン(デンマーク、第4シード)

【女子シングルス】

タイ・ツーイン(台湾、第1シード)<12-21,21-12,23-21>ラッチャノク・インタノン(タイ、第4シード)

カロリナ・マリン(スペイン、第5シード)<21-19,21-15>アン・セヨン(韓国、第7シード)

【男子ダブルス】

アーロン・チア/ソー・ウーイイク(マレーシア、第8シード)<21-18,21-18>シラグ・シェッティ/サトウィクサイラジ・ランキレディ(インド)

ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、第2シード)<21-14,20-22,12-21>リー・ヤン/ワン・チリン(台湾、第6シード)

【女子ダブルス】

シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、第3シード)<21-16,21-18>グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第5シード)

キム・ソヨン/コン・ヒヨン(韓国、第4シード)<21-17,21-6>リー・メンイーン/チョウ・メイクアン(マレーシア)

【混合ダブルス】

デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ(タイ、第1シード)<22-20,18-21,21-12>サトウィクサイラジ・ランキレディ/アシュウィニ・ポンナッパ(インド)

ソ・スンジェ/チェ・ユジョン’(韓国、第4シード)<21-9,21-16>フー・パンロン/チー・イーシー(マレーシア)

 

決勝(24日)の対戦カード

【男子シングルス】ビクター・アクセルセン(デンマーク、第4シード)対ハンス・クリスチャン・ビッティングス(デンマーク※リザーブ繰り上がり)

【女子シングルス】タイ・ツーイン(台湾、第1シード)対カロリナ・マリン(スペイン、第5シード)

【男子ダブルス】リー・ヤン/ワン・チリン(台湾、第6シード)対アーロン・チア/ソー・ウーイイク(マレーシア、第8シード)

【女子ダブルス】シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、第3シード)対キム・ソヨン/コン・ヒヨン(韓国、第4シード)

【混合ダブルス】デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ(タイ、第1シード)対ソ・スンジェ/チェ・ユジョン’(韓国、第4シード)

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: