Korean shuttlers reach last 4 in 4 events

厳格な感染対策が敷かれる有事態勢下で12日に開幕したヨネックスタイオープン(SUPER1000)。15日までに準々決勝を終え、ワールドツアー中断中にコーチ陣の入れ替えが行われた韓国勢が4種目で準決勝に進む活躍を見せている

AN SeYoung ~photo courtesy of BWF (Copyright : Badmintonphoto)

韓国選手の活躍が目立つ今大会、女子シングルスでは、アン・セヨンが準々決勝でホスト国期待のラッチャノク・インタノンにストレート勝ちし、ベスト4に入った

2020年シーズン初めのアジア団体戦(2月)で、長くこの種目をけん引してきたソン・ジヒョンに代わり第1シングルスの座についたアンは、来月19歳を迎える伸び盛り。韓国ではワールドツアーが中断されている中、ヘッドを含むコーチ陣が刷新されたが、若きエースにとっては、2019年にインドのプサルラ・ヴェンカタ・シンドゥを世界チャンピオンに導いた海外での経験豊富なキム・ジヒョンがチームに戻ってきたことは、さらなる成長へ好材料となる

男子ダブルスでも、チェ・ソルギュ/ソ・スンジェが第2シード、インドネシアのヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサンをストレートで下してみせた

Daniel MARTHIN / Leo Rolly CARNANDO ~photo courtesy of BWF (Copyright : Badmintonphoto)

インドネシアがほこる男子ダブルス陣は、世界ランク1位のケビン・サンジャヤ・スカムルジョがコロナウイルス感染により今回、参戦できず。同2位のヘンドラ/アーサンも準々決勝で敗退したが、代わりにリザーブ繰り上がりの19歳ペア、ダニエル・マーシン/レオ・ロリー・カルナンドが躍進、4強に残った

2019年の世界ジュニアチャンピオンは、2回戦で第5シードのムハンマド・リアン・アルディアント/ファジャル・アルフィアンとの同国対決に競り勝つと、準々決勝ではリオデジャネイロ五輪銅メダルのクリス・ラングリッジ/マーカス・エリス(イングランド)もフルゲームの末に破った。この勢いに乗り、次は決勝進出をかけ、同銀メダルのゴー・ウェイシェム/タン・ウィーキョン(マレーシア)に挑む

Delphine DELRUE / Thom GICQUEL ~photo courtesy of BWF (Copyright : Badmintonphoto)

ヨーロッパ勢では、混合ダブルスでトム・ジケル/デルフィーヌ・ドルリューがベスト4に食い込んだ

世界ランク15位、ともに22歳のフランスペアは2週間後の27~31日に行われる「HSBCワールドツアーファイナル」出場資格獲得へ今大会の前、3位と好位置につけており、今後のPCR検査で陽性判定や濃厚接触の認定を受けない限り、初出場を確実にした

ヨーロッパからはほかに、イングランドのマーカス・エリス/ローレン・スミスとドイツのマーク・ラムスフス/イザベル・ハートリッヒが、今大会の結果を踏まえ、出場資格が得られるこの種目上位8ペアに入る

準々決勝(15日)の結果

【男子シングルス】

アンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア、第5シード)<21-14,19-21,21-5>ラスムス・ゲムケ(デンマーク)

ビクター・アクセルセン(デンマーク、第4シード)<21-14,21-5>ジョナタン・クリスティ(インドネシア、第6シード)

ウン・カロン(香港、第7シード)<21-17,21-12>リー・チュクイウ(香港)

チョウ・ティエンチェン(台湾、第2シード)<21-17,21-15>リー・ヅージア(マレーシア、第8シード)

【女子シングルス】

タイ・ツーイン(台湾、第1シード)<21-11,21-13>ミッシェル・リ(カナダ、第8シード)

ブサナン・ウンバンルンパン(タイ)<13-21,18-21>ミア・ブリクフェルト(デンマーク)

ラッチャノク・インタノン(タイ、第4シード)<20-22,12-21>アン・セヨン(韓国、第7シード)

カロリナ・マリン(スペイン、第5シード)<21-16,21-16>スパニダ・カテトン(タイ)

【男子ダブルス】

ゴー・ウェイシェム/タン・ウィーキョン(マレーシア)<21-16,21-19>ヌル・イズディン/ゴー・ジーフェイ(マレーシア)

クリス・ラングリッジ/マーカス・エリス(イングランド)<21-12,14-21,15-21>ダニエル・マーシン/レオ・ロリー・カルナンド(インドネシア※リザーブ繰り上がり)

リー・ヤン/ワン・チリン(台湾、第6シード)<23-21,21-15>テオ・イーイ/オン・ユーシン (マレーシア)

ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、第2シード)<16-21,19-21>チェ・ソルギュ/ソ・スンジェ(韓国、第7シード)

【女子ダブルス】

ラウィンダ・プラジョンジャイ/ジョンコンパン・キッティハラクン(タイ、第7シード)<21-10,21-17>アティタヤ・ポワノン/ラクシカ・カンラハ(タイ)

キム・ソヨン/コン・ヒヨン(韓国、第4シード)<21-8,21-11>ローレン・スミス/クロエ・バーチ(イングランド)

シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、第3シード)<21-15,19-21,21-15>チャン・イエナ/キム・ヘリン(韓国、第6シード)

グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第5シード)<21-15,21-12>ティナー・ムラリタラン/タン・パーリー・クーン(マレーシア)

【混合ダブルス】

デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ(タイ、第1シード)<21-18,21-17>チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、第5シード)

ソ・スンジェ/チェ・ユジョン’(韓国、第4シード)<21-16,15-21,21-4>チャン・タクチン/ウン・ウィンユン(香港)

マーク・ラムスフス/イザベル・ハートリッヒ(ドイツ)<19-21,18-21>トム・ジケル/デルフィーヌ・ドルリュー(フランス)

プラビーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ(インドネシア、第2シード)<21-19,22-20>マシアス・クリスチャンセン/アレキサンドラ・ボイエ(デンマーク)

準決勝(16日)の対戦カード

【男子シングルス】

ビクター・アクセルセン(デンマーク、第4シード)対アンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア、第5シード)

チョウ・ティエンチェン(台湾、第2シード)対ウン・カロン(香港、第7シード)

【女子シングルス】

タイ・ツーイン(台湾、第1シード)対ミア・ブリクフェルト(デンマーク)

カロリナ・マリン(スペイン、第5シード)対アン・セヨン(韓国、第7シード)

【男子ダブルス】

ゴー・ウェイシェム/タン・ウィーキョン(マレーシア)対ダニエル・マーシン/レオ・ロリー・カルナンド(インドネシア※リザーブ繰り上がり)

リー・ヤン/ワン・チリン(台湾、第6シード)対チェ・ソルギュ/ソ・スンジェ(韓国、第7シード)

【女子ダブルス】

キム・ソヨン/コン・ヒヨン(韓国、第4シード)対ラウィンダ・プラジョンジャイ/ジョンコンパン・キッティハラクン(タイ、第7シード)

シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、第3シード)対グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第5シード)

【混合ダブルス】

デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ(タイ、第1シード)対ソ・スンジェ/チェ・ユジョン’(韓国、第4シード)

プラビーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ(インドネシア、第2シード)対トム・ジケル/デルフィーヌ・ドルリュー(フランス)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s