Hard day for World no.1, 3 out of 5 miss semifinal

ジャパンオープン(SUPER750)準々決勝、5種目中3種目で世界ランク1位が敗れる波乱があった

First time to miss the Semifinals in this season for the Chinese mixed pair

この日、姿を消した世界1位は女子シングルスのタイ・ツーイン。ミッシェル・リ(カナダ)に2014年全英オープン以来5年ぶりの黒星を喫した。さらに、女子ダブルスの福島由紀・廣田彩花が初対戦のツェン・ユー/リ・ウェンメイ(中国)に、混合ダブルスのツェン・シウェイ/ホワン・ヤチオンはハフィズ・ファイザル/グロリア・エマヌエル・ウィジャジャ(インドネシア)に、初めて敗れた

このうちシウェイ/ヤチオンが、国際大会でベスト4入りを逃すのは、昨年9月韓国オープン以来のこと。今シーズンは、前週のインドネシアオープンまで6つの大会(個人戦)に出場し、◆優勝4回(SUPER1000:2回、SUPER750:1回、SUPER500:1回)◆ベスト4が2回(SUPER500相当)――と抜群の成績を収めていた

またタイ・ツーインは、この日の試合は思い通りにシャトルをコントロールできず、そこから悪循環に陥っていった自滅による敗戦であると説明した。その上で、帰国後、開幕まで1カ月を切っている世界選手権・バーゼル大会に向け、早い段階で心身ともに戦える準備を整えたい、と抱負を語った

一方、男子2種目の世界1位、桃田賢斗マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョは、ともにファイナルゲームまでもつれる試合となるも競り勝ち、トーナメントに残った

日本選手は、女子シングルスで、奥原希望がタイ4番手のニチャオン・ジンダポン相手に苦しみながら勝ち上がったのに対し、山口茜は前週、インドネシアオープン決勝で破ったプサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド)に続けてストレート勝ちした

男子ダブルスでは、園田啓悟・嘉村健史が、4月から日本代表コーチに就任したマレーシアのタン・キムハー氏から以前、指導を受けていたインドペアにストレート勝ち。遠藤大由・渡辺勇大は、スディルマン杯決勝で敗れた中国のエースペア、リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイから第1ゲームを土壇場の逆転(24-22)で取るも、続く2ゲームを落として、準決勝には進めなかった

女子ダブルスは、第1シードの永原和可那・松本麻佑が志田千陽・松山奈未との同国対決を制した。そのほか、第3シードの高橋礼華・松友美佐紀が昨年のこの大会、初戦(2回戦)で苦杯をなめ、直近の対戦、3月のドイツオープン(SUPER300)決勝でも敗れていた中国2番手、リ・インフェイ/ドゥ・ユエ を振り切り、ベスト4に入った

混合ダブルス第3シードの渡辺勇大・東野有紗は、昨年12月のワールドツアーファイナル、1月のマレーシアマスターズと2連勝中だった第5シードのチャン・ペンスーン/ゴー・リュウインに競り負け、ベスト8で今大会を終えた

 

準々決勝の結果

【男子シングルス】

桃田賢斗(第1シード)<21-13,20-22,21-15>アンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア、第7シード)

トミー・スギアルト(インドネシア)<12-21,15-21>B.サイ・プラニース(インド)

ラスムス・ゲムケ(デンマーク)<21-11,14-21,13-21>ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク)

ジョナタン・クリスティ(インドネシア、第6シード)<21-12,21-14>アンダース・アントンセン(デンマーク)

【女子シングルス】

タイ・ツーイン(台湾、第1シード)<15-21,21-15,20-22>ミッシェル・リ(カナダ)

奥原希望(第3シード)<16-21,21-16,21-19>ニチャオン・ジンダポン(タイ)

山口茜(第4シード)<21-18,21-15>プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド、第5シード)

チェン・ユーフェイ(中国、第2シード)<21-18,15-21,21-12>ブサナン・ウンバンルンパン(タイ)

【男子ダブルス】

マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア、第1シード)<21-14,22-24,21-15>ソー・ウーイイク/アーロン・チア(マレーシア)

リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイ(中国、第3シード)<22-24,21-12,21-12>遠藤大由・渡辺勇大(第5シード)

ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、第4シード)<21-17,19-21,21-19>コ・ソンヒョン/シン・ベクチョル(韓国)

園田啓悟・嘉村健士(第2シード)<21-19,21-18>シラグ・シェッティ/サトウィクサイラジ・ランキレディ(インド)

【女子ダブルス】

永原和可那・松本麻佑(第1シード)<23-21,21-18>志田千陽・松山奈未

高橋礼華・松友美佐紀(第3シード)<21-16,21-18>リ・インフェイ/ドゥ・ユエ(中国、第8シード)

グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第5シード)<12-21,12-21>キム・ソヨン/コン・ヒヨン(韓国)

福島由紀・廣田彩花(第2シード)<16-21,14-21>ツェン・ユー/リ・ウェンメイ(中国)

【混合ダブルス】

ツェン・シウェイ/ホワン・ヤチオン(中国、第1シード)<17-21,21-15,19-21>ハフィズ・ファイザル/グロリア・エマヌエル・ウィジャジャ(インドネシア、第6シード)

デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ(タイ、第4シード)<15-21,15-21>プラビーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ(インドネシア、第7シード)

渡辺勇大・東野有紗(第3シード)<18-21,20-22>チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、第5シード)

ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第2シード)<21-10,21-18>マーク・ラムスファス/イサベル・ヘルトリッチ(ドイツ)

 

準決勝の対戦カード

【男子シングルス】

桃田賢斗(第1シード)対B.サイ・プラニース(インド)

ジョナタン・クリスティ(インドネシア、第6シード)対ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク)

【女子シングルス】

奥原希望(第3シード)対ミッシェル・リ(カナダ)

チェン・ユーフェイ(中国、第2シード)対山口茜(第4シード)

【男子ダブルス】

マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア、第1シード)対リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイ(中国、第3シード)

園田啓悟・嘉村健士(第2シード)対ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、第4シード)

【女子ダブルス】

永原和可那・松本麻佑(第1シード)対高橋礼華・松友美佐紀(第3シード)

キム・ソヨン/コン・ヒヨン(韓国)対ツェン・ユー/リ・ウェンメイ(中国)

【混合ダブルス】

ハフィズ・ファイザル/グロリア・エマヌエル・ウィジャジャ(インドネシア、第6シード)対プラビーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ(インドネシア、第7シード)

ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第2シード)対チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、第5シード)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: