Three Japanese women into finals at Swiss OP

桃田賢斗の優勝で幕を閉じた全英オープンに続いて、スイスオープン(SUPER300)がバーゼルで開催。B代表中心の日本勢は、女子2種目で決勝に進んだ

Saena KAWAKAMI beat ZHANG Beiwen in SF ~photo courtesy of Marco Kunz

女子シングルスで大会最終日まで残ったのは、世界ランク39位、日本7番手につける川上紗恵奈

1回戦からすべてストレート勝ちで、16日の準決勝では、世界12位ツァン・ベイウェン(アメリカ)を破った

決勝では前週、全英オープン(SUPER1000)を制した第1シード、チェン・ユーフェイ(中国)と対戦する

川上は、過去一度だけ対戦した2年前のチャイナマスターズ(※SUPER300と同格のグランプリゴールド)の準々決勝で、当時も第1シードだったユーフェイに勝っている。ただ、ユーフェイはその後、世界のトップ選手にもまれながら経験と実績を積み重ね、現在、世界2位、中国エースの座にいる

Chiharu SHIDA / Nami MATSUYAMA moved a step ahead from last year ~photo courtesy of Marco Kunz

女子ダブルスは世界13位、日本6番手の志田千陽・松山奈未が前回、櫻本絢子・髙畑祐紀子に敗れ越えられなかった準決勝の壁を突破。昨年10月の台湾オープンに次ぐ、2つ目の「SUPER300」タイトル獲りに挑む

一方、日本男子は、ともに20歳の小野寺雅之・岡村洋輝が初戦、元世界チャンピオンのツァン・ナン/リュウ・チェン(中国)を破る活躍を見せた。しかし、それ以外はいずれも強豪相手に力及ばず、1回戦で姿を消した

準々決勝(15日)の結果

【男子シングルス】

シー・ユーチ(中国、第1シード)<21-17,21-9>マーク・カーリョウ(オランダ)

アンソニ―・シニスカ・ギンティン(インドネシア、第4シード)<14-21,21-8,21-11>リン・ダン(中国、第7シード)

B.サイ・プラニース(インド)<21-13,21-11>リュカ・コルヴェ(フランス)

チェン・ロン(中国、第2シード)<21-18,21-17>マスブハンカー・デイ(インド)

【女子シングルス】

チェン・ユーフェイ(中国、第1シード)<21-10,21-8>リヤ・ムーケルジー(インド※予選勝ち上がり)

ソン・ジヒョン(韓国、第4シード)<21-18,21-11>エフゲニヤ・コセツカヤ(ロシア、第8シード)

川上紗恵奈<21-16,21-14>クララ・アズルメンディ(スペイン※予選勝ち上がり)

ツァン・ベイウェン(アメリカ、第5シード)<21-13,17-21,21-9>峰歩美

【男子ダブルス】

モハマド・アリフ・アブドゥル・ラティフ/ヌル・モハド・アズリン・アユブ(マレーシア)<21-18,20-22,15-21>イ・ヨンデ/キム・ギジョン(韓国)

ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン’(インドネシア、第3シード)<26-24,7-21,12-21>リー・ヤン/ワン・チリン(台湾、第8シード)

ムハンマド・ライアン・アルディアント/ファジャル・アルフィアン(インドネシア、第4シード)<21-10,21-17>アデ・ユスフ・サントソ/ワヒュ・ナヤカ・アルヤ・パンカルヤニラ(インドネシア)

マーカス・エリス/クリス・ラングリッジ(イングランド、第6シード)<21-11,28-26>シラグ・シェッティ/プラナーブ・ジェリー・チョプラ(インド※予選勝ち上がり)

【女子ダブルス】

チェン・チンチェン/ジア・イーファン(中国、第1シード)<21-18,14-21,14-21>ツェン・ユー/リ・ウェンメイ(中国、第6シード)

志田千陽・松山奈未(第3シード)<21-17,21-17>アシュウィニ・ポンナッパ/ネラクリヒ・シキ・レディ(インド)

チャン・イエナ/チョン・ギョンウン(韓国、第4シード)<21-10,21-14>メッテ・ポールセン/アレキサンドラ・ボイエ(デンマーク※予選勝ち上がり)

ステファニ・ストエバ/ガブリエラ・ストエバ(ブルガリア、第2シード)<21-14,21-10>ヨハナ・ゴリツェウスキ/ララ・ケップライン(ドイツ)

【混合ダブルス】

M.R.アルジュン/K.マニーシャ(インド)<19-21,16-21>マシアス・ベイ・スミット/リケ・スービー(デンマーク※予選繰り上がり)

マシアス・クリスチャンセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、第3シード)<19-21,23-21,17-21>ルー・カイ/チェン・ルー(中国、第5シード)

マーク・ラムスファス/イサベル・ヘルトリッチ(ドイツ、第4シード)<18-21,20-22>ルー・チンヤオ/リー・チアシン(台湾※予選勝ち上がり)

マーカス・エリス/ローレン・スミス(イングランド、第2シード)<21-19,14-21,17-21>リノブ・リバルディ/ピサ・ハニントヤス・メンタリ(インドネシア、第8シード)

 

準決勝(16日)の結果

【男子シングルス】

シー・ユーチ(中国、第1シード)<21-9,21-17>アンソニ―・シニスカ・ギンティン(インドネシア、第4シード)

チェン・ロン(中国、第2シード)<18-21,13-21>B.サイ・プラニース(インド)

【女子シングルス】

チェン・ユーフェイ(中国、第1シード)<21-14,21-15>ソン・ジヒョン(韓国、第4シード)

ツァン・ベイウェン(アメリカ、第5シード)<19-21,17-21>川上紗恵奈

【男子ダブルス】

リー・ヤン/ワン・チリン(台湾、第8シード)<22-20,13-21,22-20>イ・ヨンデ/キム・ギジョン(韓国)

ムハンマド・ライアン・アルディアント/ファジャル・アルフィアン(インドネシア、第4シード)<21-16,21-19>マーカス・エリス/クリス・ラングリッジ(イングランド、第6シード)

【女子ダブルス】

志田千陽・松山奈未(第3シード)<22-20,14-21,21-17>ツェン・ユー/リ・ウェンメイ(中国、第6シード)

ステファニ・ストエバ/ガブリエラ・ストエバ(ブルガリア、第2シード)<19-21,10-21>チャン・イエナ/チョン・ギョンウン(韓国、第4シード)

【混合ダブルス】

ルー・カイ/チェン・ルー(中国、第5シード)<22-20,19-21,21-23>マシアス・ベイ・スミット/リケ・スービー(デンマーク※予選繰り上がり)

リノブ・リバルディ/ピサ・ハニントヤス・メンタリ(インドネシア、第8シード)<21-13,19-21,21-9>ルー・チンヤオ/リー・チアシン(台湾※予選勝ち上がり)

 

決勝(17日)の対戦カード

【男子シングルス】シー・ユーチ(中国、第1シード)対B.サイ・プラニース(インド)

【女子シングルス】チェン・ユーフェイ(中国、第1シード)対川上紗恵奈

【男子ダブルス】ムハンマド・ライアン・アルディアント/ファジャル・アルフィアン(インドネシア、第4シード)対リー・ヤン/ワン・チリン(台湾、第8シード)

【女子ダブルス】志田千陽・松山奈未(第3シード)対チャン・イエナ/チョン・ギョンウン(韓国、第4シード)

【混合ダブルス】リノブ・リバルディ/ピサ・ハニントヤス・メンタリ(インドネシア、第8シード)対マシアス・ベイ・スミット/リケ・スービー(デンマーク※予選繰り上がり)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: