Yuki and Sayaka boost their confidence after beating Japan’s top 2

マレーシアオープンSSプレミア2回戦、女子ダブルス日本4番手の福島由紀・廣田彩花組が、前週インドオープンで敗れた福万尚子・與猶くるみ組に国際大会で初勝利。先の全英オープンでは高橋礼華・松友美佐紀組からも初白星を挙げており、両ペアを含む世界上位の追撃へ新たな自信を得た

どちらが勝つにせよ、長い試合になることが予想された日本2番手と4番手による同国対決。しかし決着は、わずか38分でついた。相手がひいたところで畳み掛けることができたのが福島・廣田組の勝因だ

福島・廣田組は、互いに手の内を知りあう所属企業も同じ福万・與猶組との対戦のやり難さを認めていた。ただこの日は第1ゲーム、15-18の劣勢から追いつき、先に掴んだゲームポイント(20-19)を凌がれた直後に連続得点を決めて取る。第2ゲームは序盤より優勢に立つと、そのまま一度も主導権を渡さぬまま、走り抜けた

福島、廣田両選手は試合後、BadPaL に対し、「がまん勝負だと思っていたが、途中、相手が引いてくれ、幸運な部分もあった」と試合を振り返った。ペアとしての状態を聞くと、「以前よりも互いを理解するようになり、まだ固まったわけではないが、2人のやりたい形ができてきていると思う」と答えた。準々決勝では、勢いのある中国の若きトップペアとの対戦になるが、先に自分たちの攻撃の形を作れるかどうかがカギになるとの認識を示した

一方、日本での立ち位置について尋ねると、「すぐに世界ランクで追いつくのは容易ではないが、勝てたのは大きい」と主張。3月全英オープンでの高橋・松友組に続いて、福万・與猶組とこれまで勝てなかった1番手、2番手に初めて勝利したことで、「自信にして、今後は相手に強いと思わせ、越えていきたい」と述べた

高橋・松友組は、試合全般を通じて世界16位のインドネシアペアを追いかける展開になる。それでも勝ちどころを抑えた強さを発揮し、第1ゲームは14-17から7連続得点で先取。第2ゲームも14-18から5連続得点で逆転し、その後は粘る相手に一度もリードを譲ることなく24-22で振り切った

対照的に、米元小春・田中志穂組は、ファイナルゲームまでもつれる試合で、リードを許しながらも、逆転勝ちの機会をお膳立てするまでは成功した。しかし詰めが甘く、勝利を逸した。米元選手は試合後、相手が仕掛ける速い展開に十分対応しきれなかったことを敗因の1つに挙げた。田中選手は試合直後、連戦の疲れはなかったときっぱり。敗戦の言い訳にはしなかった。その上で、インドオープン優勝の後、ベスト16に終わった今回の結果を踏まえ、これ以降はSSでのベスト8が最低基準になると明言した

女子シングルスは、山口茜奥原希望両選手がともにストレートで勝って、2週連続、準々決勝での同国対決に臨む。奥原選手は、1回戦で中国2番手ホー・ビンジャオ選手を破って勝ち上がってきた香港チュン・ガンイ選手を相手に、コート内を駆け回り積極的に攻撃を仕掛けるプレーを披露し、快勝した。試合後には、「今は試合数をこなしたい。実戦でしか得られない感覚がある。いろいろ試したい」と笑顔で語った

奥原選手に次戦の相手、山口選手について聞くと、「現在は自分よりも間違いなく上。すごいと思う」と率直にライバルの実力を認める。ただ勝負に対する妥協は見せず、「勝ちになあなあになることはない。(インドで)負けたのは悔しい」と強調。、準々決勝に向けては、「今自分のできることをやって勝ちにいく」と意気込みを語った、

一方、初戦で強敵サイナ・ネワル選手をフルゲームの末に打ち破った山口選手はこの日、同じ1997年生まれの台湾チェン・スヤ選手に危なげなく勝利。順当にベスト8入りを果たした

山口選手に試合後、奥原選手のことを現在どのようにとらえているか聞くと、「自分が出初めのころの強いイメージのまま。世界ランクがどうであろうと変わらない」と答えた。その上で、「今は100%でないかもしれないが、全力でやらないと勝てない相手。がまんしてラリーしても勝てないことは分かっているので、新しいものを出したい」と抱負を述べた

男子ダブルスでは、園田啓悟・嘉村健士組が、予選勝ち上がりの台湾ペアを寄せ付けずに快勝。前週インドで逸したSSベスト8に、難なく到達した

園田・嘉村組は試合後、会場の風がプレーに影響することはさほどなかったと指摘し、「このレベルの相手には負けない自信がある」(嘉村)と言い切った

かつて中国、インドネシア、韓国の特定の強豪ペアが、他の追随を許さぬ壁のように立ちはだかっていたころとは異なり、実力拮抗のペアが大会ごとにしのぎを削り合う現在の男子ダブルス。園田選手は、日本のトップとして「日本が強いんだということを(世界に)示したい」。嘉村選手は「SSで優勝できる力はある。(課題は)どうすれば全部優勝できるか」と力強く語った

混合ダブルスの数野健太・栗原文音組は、全英オープンSSプレミアに続いてデンマークのヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組と2回戦で対戦。つけ入る隙を見出せないまま第1ゲームを落とし、第2ゲームも終始リードされる。終盤盛り返して19-20と1点差まで迫ったが、あと一歩届かず、全英と同じストレート負けに終わった

日本選手以外では、男子シングルスでデンマークのビクター・アクセルセン選手、女子ダブルスで韓国チョン・ギョンウン/シン・スンチャン組と、リオデジャネイロ五輪銀メダリストが姿を消した

また、開催国マレーシアの勝ち残りは、男子シングルスのリー・チョンウェイ選手ただ1人となった

日本選手2回戦の結果

【女子シングルス】 山口茜(世界2位)〈21-16,21-14〉チェン・スユ(台湾、世界68位※予選勝ち上がり)、奥原希望(世界11位)〈21-8,21-19〉チュン・ガンイ(香港、世界15位)

【男子ダブルス】 園田啓悟・嘉村健士(世界4位)〈21-12,21-15〉ルー・チアピン/リャオ・クアンハオ(台湾、世界35位※予選勝ち上がり)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界1位)〈21-17,24-22〉マハデウィ・イスティラニ・ニ・ケトゥット/アンギア・シッタ・アワンダ(インドネシア、世界16位)、福万尚子・與猶くるみ(世界7位)〈20-22,12-21〉福島由紀・廣田彩花(世界19位)、ホワン・ドンピン/リ・インフェイ(中国、世界15位)〈21-10,16-21,21-14〉米元小春・田中志穂(世界13位)

【混合ダブルス】 ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界5位)〈21-13,21-19〉数野健太・栗原文音(世界12位)

 

準々決勝の対戦カード(※これ以降、6日更新の世界ランキングを反映)

【男子シングルス】

リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)対チョン・ヒョクチン(韓国、世界49位※予選勝ち上がり)

チェン・ロン(中国、世界4位)対ウォン・ウィンキ(香港、世界12位)

ソン・ワンホ(韓国、世界5位)対アジャイ・ジャヤラム(インド、世界20位)

リン・ダン(中国、世界6位)対ジョナタン・クリスティ(インドネシア、世界22位)

【女子シングルス】

タイ・ツーイン(台湾、世界1位)対チェン・ユーフェイ(中国、世界12位)

ソン・ジヒョン(韓国、世界5位)対スン・ユ(中国、世界6位)

山口茜(世界4位)対奥原希望(世界10位)

カロリナ・マリン(スペイン、世界3位)対ラッチャノク・インタノン(タイ、世界7位)

【男子ダブルス】

フー・ハイファン/ツェン・シウェイ(中国、世界ランクなし)対タンチュンマン/オール・チンチュン(香港、世界30位※予選勝ち上がり)

ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国、世界3位)対デチャポン・プアバラヌクロー/キッティヌポン・ケドレン(タイ、世界29位)

リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイ(世界1位)対マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ(世界2位)

園田啓悟・嘉村健士(世界5位)対ボディン・イサラ/ニピトポン・プアンプアペト(タイ、世界16位)

【女子ダブルス】

高橋礼華・松友美佐紀(世界1位)対ホワン・ドンピン/リ・インフェイ(中国、世界15位)

チェン・チンチェン/ジア・イーファン(中国、世界5位)対福島由紀・廣田彩花(世界18位)

タン・ジンフア/ホワン・ヤチオン(中国、世界26位)対バオ・イーシン/ユー・シャオハン(中国、世界35位※予選勝ち上がり)

クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界2位)対チャン・イエナ/イ・ソヒ(韓国、世界4位)

【混合ダブルス】

ツェン・シウェイ/チェン・チンチェン(中国。世界1位)対リー・チュンヘイ/チャウ・ホイワー(香港、世界13位)

ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界5位)対ツァン・ナン/リ・インフェイ(中国、世界10位)

ルー・カイ/ホワン・ヤチオン(中国、世界4位)対デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・タエラナッチャイ(タイ、世界11位)

タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、世界3位)対チェ・ソルギュ/チェ・ユジョン(韓国、世界18位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: