No win for Japanese in Russia for the first time since 2009

RussianGP2015

RussianGP2015

ロシアオープングランプリ(GP)が26日までウラジオストックで行われ、女子シングルスの松本麻佑選手と混合ダブルスの渡辺勇大・東野有紗組が決勝に進んだが、ともに敗れ準優勝だった。日本勢がこの大会でタイトルなしに終わるのは、2009年以来6年ぶり

ロシアオープンで、日本勢は2010年以降、毎年いずれかの種目で1つ以上タイトルを獲得してきた。とりわけ昨年は、同国対決となった女子シングルスと男女ダブルスの3種目を含む全種目の決勝に日本選手が進み、男子シングルスを除く4つのタイトルを手にした

ロシアオープンで優勝した日本選手

◆2010年:男子シングルス上田拓馬、女子シングルス栗原文音

◆2011年:男子ダブルス佐藤翔治・川前直樹

◆2012年:男子シングルス坂井一将、女子シングルス橋本由衣

◆2013年:女子シングルス大堀彩

◆2014年:女子シングルス大堀彩(2連覇)、男子ダブルス数野健太・山田和司、女子ダブルス三木佑里子・米元小春、混合ダブルス垰畑亮太・新玉美郷

今年は、男子シングルスに4人、女子シングルスに5人、男子ダブルスに3組、女子ダブルスに3組、混合ダブルスに2組がエントリーしたが、いずれの種目でも優勝には届かなかった

それでも女子シングルスの松本選手は、予選2試合を勝ち抜いた後、本戦1回戦で第1シード、ドイツのカリン・シュナーゼ選手(世界ランク26位)を倒すと、そのまま決勝まで駆け上がり、昨年の女子ダブルスに続く準優勝を果たした。混合ダブルスでは、2014年世界ジュニア選手権銅メダル〈https://badpal.net/2014/04/19/akane-defends-her-world-junior-title-but-not-easy-way-2/〉の渡辺・東野組が準々決勝で第2シード、ロシアのエフゲニー・ドレミン/エフゲニア・ディモア組(世界29位)を破るなどして、シニアの大会で初めて表彰台に上がった

決勝の結果

【男子シングルス】 トミー・スギアルト(インドネシア、世界16位)〈21-16,21-10〉ラウル・ムスト(エストニア、世界71位)

【女子シングルス】 クリスティナ・ガブンホルト(チェコ、世界84位)〈21-10,22-20〉松本麻佑

【男子ダブルス】 ウラジミール・イワノフ/イワン・ソゾノフ(ロシア、世界11位)〈22-20,21-19〉ゴー・ウェイシェム/タン・ウィーキョン(マレーシア、世界17位)

【女子ダブルス】 ガブリエラ・ストエバ/ステファニ・ストエバ(ブルガリア、世界16位)〈21-15,21-17〉カーラ・ネルテ/ヨハナ・ゴリツェウスキ(ドイツ、世界20位)

【混合ダブルス】 チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、世界41位)〈21-13,23-21〉渡辺勇大・東野有紗

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: