Day 4 of Denmark Open : World No.3 and No.5 of Japan to clash in SF

Ayaka-Misaki

Ayaka TAKAHASHI / Misaki MATSUTOMO

デンマークオープンSSプレミア準々決勝、高橋礼華・松友美佐紀組と前田美順・垣岩令佳組がそろって勝ち、決勝進出をかけて準決勝で対戦する

世界ランク3位の高橋・松友組は2日続けて韓国ペアとの対戦になったが、前日の試合で第3ゲームに見せた良い形のプレーを持続し、世界6位の相手を寄せ付けずに快勝した

試合直後、BadPaL の取材に応じ、「前日よりも自信を持って臨めた。いいイメージを持続できている」とコメント。「今大会はドローが良くなく、一戦一戦という意識で戦ってきた結果、ここまでこられた。先を見ていたら昨日の段階で負けていた。準決勝は(お互いをよく知る)日本人同士で長い試合になると思う」と述べた

Reika-Miyuki

Reika KAKIIWA / Miyuki MAEDA

世界5位の前田・垣岩組の相手は第1シードの中国タン・ジンフア/バオ・イーシン組。第1ゲームは序盤よりリードを許し前半を6-11で折り返すが、後半追い上げ、相手が握った2度のゲームポイントも凌いで23-21と逆転で取る。第2ゲームに入ると流れは日本ペアへ。「途中でバオ選手の気持ちが切れたので、それに合わせないようにした」と前田選手が試合後話した通り、相手のペースに惑わされず着実に点数を重ねていき21-14で快勝。3月の全英オープンSSプレミアに続いて世界1位に連勝した

前田・垣岩組は試合後、BadPaL に対し、「第1ゲームは相手に嫌なところをつかれてリードされたが、コーチに言われていた通り、離されずについていってこのゲームを取れたのは大きかった」と勝因を語った。準決勝については、「昨年のこの大会では準決勝で負けているので、相手がだれであれ、ここを突破したい」と、静かに意気込みを示した

※両ペアのさらなるコメントなどは、会員向け別頁で紹介します

準々決勝の結果

【男子シングルス】

ソン・ワンホ(韓国、世界7位)〈23-21,21-17〉キダンビ・スリカンス(インド、世界23位)

ブーンサック・ポンサナ(タイ、世界13位)〈12-21,19-21〉ティエン・ホウウェイ(中国、世界14位)

ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、世界3位)〈19-21,15-21〉カシャップ・パルパリ(インド、世界28位)

チェン・ロン(中国、世界2位)〈21-9,21-7〉ブリス・ルベルデズ(フランス、世界27位)

【女子シングルス】

リ・シュエリ(中国、世界1位)〈15-21,21-15,21-12〉ツァン・ベイウェン(米国、世界15位)

ソン・ジヒョン(韓国、世界4位)〈25-23,22-20〉プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド、世界10位)

ワン・イーハン(中国、世界3位)〈21-12,21-17〉リュウ・シン(中国、世界25位)

ワン・シーシャン(中国、世界2位)〈22-20,21-15〉サイナ・ネワル(インド、世界7位)

【男子ダブルス】

イ・ヨンデ/ユ・ヨンソン(韓国、世界1位)〈21-10,22-20〉マルキス・キド/ギデオン・マルクス・フェルナルディ(インドネシア、世界9位)

マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク、世界3位)〈16-21,21-18,21-15〉ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国、世界13位)

コ・ソンヒョン/シン・ベクチョル(韓国、世界8位)〈14-21,24-22,21-10〉リュウ・シャオロン/チュウ・ツィハン(中国、世界10位)

ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、世界2位)〈21-17,19-21,11-21〉フー・ハイファン/ツァン・ナン(中国、世界23位)

【女子ダブルス】

タン・ジンフア/バオ・イーシン(中国、世界1位)〈21-23,14-21〉前田美順・垣岩令佳(世界5位)

高橋礼華・松友美佐紀(世界3位)〈21-12,21-18〉チャン・イエナ/キム・ソヨン(韓国、世界6位)

ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン(中国、世界4位)〈15-21,21-15,19-21〉マー・ジン/タン・ユエンティン(中国、世界24位)

クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界2位)〈14-21,23-21,16-21〉ユー・ヤン/ワン・シャオリ(中国、世界7位)

【混合ダブルス】

ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ(中国、世界1位)〈棄権〉リュウ・チェン/バオ・イーシン(中国、世界10位)

シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界3位)〈22-20,21-17〉マニーポン・ジョンジット/サプシリー・タエラッタナチャイ(タイ、世界14位)

タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、世界4位)〈21-15,16-21,21-18〉マッズ・ピーラー・コルディング/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界20位)

ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界2位)〈19-21,21-14,19-21〉リッキー・ウィディアント/プスピタ・リチ・デリ(インドネシア、世界13位)

 

準決勝の対戦カード

【男子シングルス】

ソン・ワンホ(韓国、世界7位)対ティエン・ホウウェイ(中国、世界14位)

チェン・ロン(中国、世界2位)対カシャップ・パルパリ(インド、世界28位)

【女子シングルス】

リ・シュエリ(中国、世界1位)対ソン・ジヒョン(韓国、世界4位)

ワン・シーシャン(中国、世界2位)対ワン・イーハン(中国、世界3位)

【男子ダブルス】

イ・ヨンデ/ユ・ヨンソン(韓国、世界1位)対マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク、世界3位)

コ・ソンヒョン/シン・ベクチョル(韓国、世界8位)対フー・ハイファン/ツァン・ナン(中国、世界23位)

【女子ダブルス】

高橋礼華・松友美佐紀(世界3位)対前田美順・垣岩令佳(世界5位)

ユー・ヤン/ワン・シャオリ(中国、世界7位)対マー・ジン/タン・ユエンティン(中国、世界24位)

【混合ダブルス】

シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界3位)対リュウ・チェン/バオ・イーシン(中国、世界10位)

タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、世界4位)対リッキー・ウィディアント/プスピタ・リチ・デリ(インドネシア、世界13位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: