【PlaceToPlay】 Play in Bangkok, Thailand (1)

49/9

A signboard of The Racquet Club along Sukhumvit 49

タイ・バンコクの主要な幹線道路の1つ、スクンビット(Sukhumvit)通り。この通りに沿って、外務省の海外在留邦人数都市別調査で5位につけるバンコクに暮らす日本人(主に家族連れ)が集まる居住区がある。その一角に位置するのが、バドミントンのできる会員制スポーツクラブ「ラケットクラブ」〈www.rqclub.com〉。バドミントンのほか、テニス、スカッシュ、ラケットボール、フットサル、シュミレーションゴルフ、スイミング、トレーニング、ビリヤードなどが楽しめる複合インドアスポーツ施設だ

バドミントンは2つのフロアに分かれ、タラフレックス(マット)6面、木質床材5面の合わせて11面の専用コートがある。簡単なショップも併設しており、ストリングスを購入してその場で張ってもらうこともできる。民間企業が運営する会員制クラブということで、シャワールームまで含め、施設全体を見てもメインテナンスはいき届いている

Racquet Club

The Racquet Club has 11 badminton courts

立地の良さもあって、タイ人以外に、タイ国日本人会バドミントン同好会をはじめとする、近隣に住む日本人も多く使用している。1993年から続く息の長い愛好家グループ「バンコク日曜バドミントン練習会〈https://www.facebook.com/bangkoksundaybad〉」も最近、ここに活動拠点を移した。同会の世話役を務める田中晃二氏によれば、「バドミントンの楽しみ方は人それぞれ。在住者のみならず、ラケットバッグをかついだ旅行者でもビジターとして来てもらって構いません」とのこと。タイ人のコーチを雇って個人練習することも可能だ

Sat@Bangkok

Japanese enthusiasts who live,work and play in Bangkok

BadPaL が参加した3月の週末は、駐在員が帰任する直前といったタイミングで、数年間暮らしたバンコクを離れるメンバーの送別大会が行われていた。ただし、この時点で既に、新たに赴任してくる人など、入れ替わりで加わるメンバーも決まっているという

ラケットクラブへのアクセスは、車を持たない場合、最寄りの高架鉄道BTS(スカイトレイン)のトンロー(Thong Lo)駅から徒歩で、スクンビット通りから脇に伸びるソイ(Soi)49を道なりに進むと15~20分程度で着く(BadPaL が実証済み)。ただ、あまりに暑い時は、途中、 コーヒーショップで1服するくらいの時間と気持ちの余裕を持っていくとよい。もちろんタクシーなども利用できる

ラケットクラブの営業時間は午前7時~午後11時

Advertisements

One Response to “【PlaceToPlay】 Play in Bangkok, Thailand (1)”

  1. 先日は有難う御座いました。御一緒出来てとても嬉しかったです。最近は割りとガチで練習する方々も増えてきて20年前に比べると格段にレベルが上がりました。いつかアセアン対抗戦を実現したいですね。その際はよろしくお願いします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: