Only 3-month left in Olympic qualifying race

2月に入り、オリンピックレースも残り3カ月となった。高いランキングポイントが得られる上位大会スーパーシリーズ(SS)は、3月の全英オープンSSプレミアと4月のインドオープンSSを残すのみ

この時点で各種目の世界ランク上位の中には、非公式ながら出場権確保をほぼ確実にし、6カ月後に迫ったロンドン五輪本番にピークを持っていくべく、出場する大会を絞り込み、事実上、最終調整に入る選手もいる。一方、当落線上にいるその他の多くの選手は、SSの次に位置付けられるグランプリ(GP)ゴールド3大会(ドイツ、スイス、オーストラリア)を含む国際大会への出場を続け、ラストスパートをかける

五輪出場選手は、正式には4月29日に終了するインドオープンSSの結果を踏まえ、世界バドミントン連盟(BWF)が5月3日に発表する最新の世界ランキングで確定する

1月を終えた時点での、各種目トップ8の選手を紹介する(※ここに掲載する写真の無断転載を禁じる)

【男子シングルス】

【1】 LEE (MAS)  
【2】 LIN (CHN)
【3】CHEN.L (CHN)
【4】 GADE (DEN)
【5】CHEN.J (CHN)
【6】SASAKI (JPN)
【7】 TAGO (JPN)
【8】 LEE (KOR)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【女子シングルス】

【1】WANG.Y(CHN)
【2】WANG.X(CHN)
【3】WANG.S(CHN)
【4】NEHWAL (IND)
【5】BAUN (DEN)
【6】JIANG (CHN)
【7】LI (CHN)
【8】SCHENK(GER)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【男子ダブルス】

【1】 CAI Yun-FU Haifeng (CHN)
【2】 JUNG-LEE YongDae (KOR)
【3】MOGENSEN-BOE (DEN)
【4】 YOO-KO SungHyun (KOR)
【5】CHAI-GUO (CHN)
【6】KOO-TAN (MAS)
【7】SEPTANO-AHSAN (INA)
【8】HIRATA-HASHIMOTO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【女子ダブルス】

【1】WANG.X-YU Yang(CHN)
【2】 ZHAO-TIAN Qing (CHN)
【3】 HA-KIM MingJung (KOR)
【4】 FUJII-KAKIIWA (JPN)
【5】SUETSUNA-MAEDA (JPN)
【6】MATSUO-NAITO (JPN)
【7】JUHL-PEDERSEN (DEN)
【8】CHENG-CHEN (TPE)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【混合ダブルス】

【1】 ZHANG Nan-ZHAO (CHN)
【2】 XU Chen-MA Jin (CHN)
【3】NIELSEN-PEDERSEN (DEN)
【4】NATSIR-AHMAD (INA)
【5】CHEN-CHENG (TPE)
【6】Sudket-Saralee (THA)
【7】HA-LEE Yong Dae (KOR)
【8】LAYBOURN-JUHL (DEN)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s