Archive | TaipeiOpenGPGold RSS feed for this section

Taiwan’s teen grabs second consecutive title after Olympic

台湾オープングランプリ(GP)ゴールド、7日に決勝が行われ、女子シングルスで前月東京で初めてスーパーシリーズ(SS)制覇を成し遂げたばかりの18歳、タイ・ツーイン選手が自国優勝を果たした。1ゲームずつ取り合った後のファイナルゲーム、17-20と3つのマッチポイントを握られながらの逆転勝ちで、地元観衆を沸かせた 男子シングルスは、第1シードの田児賢一選手が出場を取りやめたことで、最大のライバル不在となった第2シードのグエン・ティエンミン選手(ベトナム)が、決勝まで全試合ストレート勝ちで、8月のベトナムオープンGPに続くタイトルを手にした Advertisements

Continue reading

Korean bags 4 out of 5 titles in Taipei

台北オープンGPゴールド決勝、韓国選手が勝ち上がった4種目すべてで勝利。4つのタイトルを独占した。一方、インドネシア選手は3種目で決勝に進んだが、得意とするダブルス2種目を落とし、男子シングルスのみの優勝にとどまった 韓国とインドネシアの直接対決となった女子ダブルスでは、初の国際タイトル獲得を狙うインドネシアのグレイシア・ポリー/メイ リアナ・ジャウハリ組(世界8位)が韓国のキム・ミンジュン/ハ・ジュンユン組(世界7位)から第1ゲームを奪い、好調な滑り出しを見せる。第2ゲームも先行する展開で17-15とリードするが、ここから韓国ペアが挽回し18-17と逆転に成功。いったんは18-18と追い付かれるも、最後は3連続得点で振り切った。ファイナルゲームは、韓国ペアが2-0とリードしたところでインドネシアペアが棄権し、あっけない幕切れとなった

Continue reading

Taipei’s last hope loses in Semi, again

台北オープンGPゴールド準決勝、女子ダブルスと男子シングルスの第1シードが敗れた。女子ダブルスには、台湾選手で唯一の勝ち残り、チェン・ウェンシン/チエン・ユーチン組(世界ランク5位)が登場。しかし、インドネシアのグレイシア・ポリー/メイ リアナ・ジャウハリ組(世界8位)にストレートで敗れ決勝には進めず、地元の期待に応えられなかった。チェン/チェン組は、好調だった昨年も準決勝で韓国ペアに敗れ、地元優勝を逃していた

Continue reading

Seeded players keep falling down in Taipei

台北オープンGPゴールド準々決勝、ノーシード選手が世界ランク上位のシード選手を下す‘下剋上’が止まらない。この日は、◆男子ダブルス第3シードのマルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア、世界7位)◆混合ダブルス第4シードのリー・シェンム/チェン・ユーチン組(台湾、世界6位)◆女子シングルス第5シードのイップ・プイイン選手(香港、世界15位)――が犠牲になった

Continue reading

Several seeded players fail to reach QTRs in TaipeiOpen

台北オープングランプリ(GP)ゴールド、各種目ベスト8が出揃い、準々決勝に進んだ5種目40人/ペアのうち、韓国の選手が13人/ペアを占めた。次に多いのがインドネシアの11人/ペアで、これに台湾(5)、マレーシア(4)、タイ(2)、香港(3)、ベトナム(1)、ロシア(1)と続いている

Continue reading