Archive | IndianBadmintonLeague RSS feed for this section

Pistons wins home game in Pune, 4th city of IBL

インディアンバドミントンリーグ(IBL)一次リーグ第4戦が22~23日、4番目の都市プネーで開催され、2011年ロンドン世界選手権女子ダブルス銅メダルのアシュウィニ・ポンナッパ選手率いるホストチーム、プネー・ピストンズが3勝目を上げ、ハイデラバード・ホットショッツとともに暫定首位に立った ピストンズには、先ごろ中国・広州で開催された世界選手権男子シングルスでベトナムに初のメダルをもたらした世界ランク5位のグエン・ティエンミン選手がいる。しかし、チームの本拠地で行われた第4戦にはインドのアヌプ・スリドハル、ソウラブ・ヴァルマ両選手を投入。それぞれ、世界ランク上位のフ・ユン選手(香港、世界8位)とカシャップ・パルパリ選手(インド、世界14位)を倒す活躍を見せた

Continue reading

Mumbai 3rd city of IBL welcomes LEE ChongWei

インディアンバドミントンリーグ(IBL)一次リーグ第3戦が19~20日、デリー、ラクナウに続く3番目の都市ムンバイで開催され、ここを本拠とするムンバイ・マスターズに世界選手権決勝での負傷により出遅れていたリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が加わった リー選手は、リーグ開幕に先立ち行われた選手獲得オークション〈https://badpal.net/2013/07/24/indian-badminton-league-ready-to-go-with-24-foreign-players/〉で、全選手の中で最高額の13万5,000ドルで『‘落札』’されていて、初戦となったこの日は男子シングルスのみならず、デンマークのティネ・バウン選手と組み混合ダブルスにも出場。勝ち星2つを上げチームの勝利に貢献した

Continue reading

Lucknow 2nd stop of IBL : Taufik comes back to the court

インディアンバドミントンリーグ(IBL)、一次リーグ第2戦が17~18日、初戦のデリーから次の都市ラクナウに移動して行われた インドのエース、サイナ・ネワル選手率いるハイデラバード・ホットショッツの一員として、6月のインドネシアオープンスーパーシリーズ(SS)プレミアを最後に第一線から退いたインドネシアのタウフィック・ヒダヤット選手が初登場。勝ち星は上げられなかったものの、インド・ラクナウのバドミントンファンの前で久しぶりのプレーを披露した 一次リーグは、第2戦を終えた時点で、プネー・ピストンズが唯一、負けなしでトップに立っている。次戦はムンバイで開催される

Continue reading

Delhi chosen city as the first venue of IBL

賞金総額100万ドルのインディアンバドミントンリーグ(IBL)が14~15日、デリーで開幕した。国内有力選手のほか、先のオークションで参戦が決まっていた世界のトップ選手も、5~11日に中国・広州で行われた世界選手権の後インド入りし、参加6チームすべてが一次リーグの初戦を戦った 一次リーグ初戦で実現した、インドのバドミントン人気を支える2人、ロンドン五輪銅メダルのサイナ・ネワル選手と世界選手権銅メダルの18歳、プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ選手の対決は、ネワル選手に軍配が上がった

Continue reading

Indian Badminton League ready to go with 24 foreign players

ロンドン五輪女子シングルス銅メダルのサイナ・ネワル選手をはじめとする自国選手の世界での活躍により、盛り上がりを見せているインドのバドミントン界が、国内で最も人気のあるスポーツ、クリケットのインディアンプレミアリーグ(IPL)にならって今年初めて仕掛けるチーム対抗戦「インディアンバドミントンリーグ(IBL)」の全容が明らかになった IBLに参加するのは、ムンバイ、デリー、バンガロール、ハイデラバード、プネー、ラクナウというインドの主要各都市を代表する6つのチーム。チームを構成する選手10人(うち外国選手4人)を獲得するためのオークションが、2度の延期を経て22日、デリーで実施され、男子シングルス世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が全選手の中で最高額の13万5,000ドル、自国のスター、女子シングルス世界3位のサイナ・ネワル選手が12万ドルと、それぞれ高値で落札された

Continue reading