Archive | From Court-side RSS feed for this section

Honey, Craft Beer and Old Castle with badminton

バドミントンの国際大会をアジアからの観光客誘致につなげよう――。こうした動きが、アジア圏外の開催地の間で年々広がっている。主なところでは、2014年からスーパーシリーズ(SS)に昇格したオーストラリアンオープンのシドニー。14~17年SSファイナルの会場であるアラブ首長国連邦(UAE)・ドバイ。17年にスディルマン杯、世界選手権をそれぞれ開催するオーストラリア・ゴールドコーストとスコットランド・グラスゴーなど。これらに先んじて、この2年間で中国人観光客倍増という実績を既に築いているのが、SSがスタートした07年以降デンマークオープンを開催する小都市オーデンセだ

Continue reading

Finding Biz opportunities with Asia through Badminton

初めてスーパーシリーズ(SS)ファイナルの会場となったアラブ首長国連邦・ドバイに象徴されるように、国際大会の開催をバドミントンが盛んな中国や東南アジアをはじめとする国・地域からの観光客誘致に結びつけようとする動きが増えている。一方、こうした活動では先駆者的な立場にあるデンマーク・オーデンセは、観光客誘致以外に、地元企業とアジアの市場を結びつけるビジネスマッチングの好機と位置付ける

Continue reading

From Court-side in Odense,Denmark

From Court-side では、国際大会の開催される取材先の国・地域で BadPaL が実際に見聞きした大会以外の現地の事情を紹介する。10月に開催されたデンマークオープンスーパーシリーズ(SS)プレミアの試合会場は、首都コペンハーゲンから車で約1時間30分離れたデンマーク第3の都市オーデンセ(Odense)。デンマークバドミントン協会(badmintondenmark.com)は昨年同様、この地にアジアのメディアを招き、地場の企業(商品)と観光のアピールを盛り込んだプロモーションを実施した 予選から決勝まで6日間続いた大会日程の合間を縫って、中国、インドネシア、マレーシア、インド、日本のメディアが訪問、視察したのは以下の企業と施設

Continue reading