No medal for Ayaka/Misaki at 5th Wuhan-AsiaC’ships

Ayama/Misaki bagged 2-gold, 1-silver and 1-bronze in Wuhan for last 4 years @archives

アジア選手権は中国・武漢で23日に開幕。24日までに各種目1回戦を終え、4年連続の決勝進出を目指した高橋礼華・松友美佐紀が早々に姿を消した

各種目4枠ずつと国・地域ごとに付与される最大出場権を得た日本勢、ディフェンディングチャンピオンの桃田賢斗をはじめ、シードに入った上位陣は順当に勝ち上がった。ただ、女子ダブルス第2シードの高橋・松友は、昨年一度勝っている中国4番手の20歳ペア、ドン・ウェンジン/フェン・シュエインにストレート負けを喫し、初戦敗退となった

現在、世界ランク3位の高橋・松友は、アジア選手権が武漢開催となった2015年以降、◆1年目(15年)銅メダル◆2年目(16年)金メダル◆3年目(17年)金メダル◆4年目(18年)銀メダル――と、続けて好成績を残してきた。しかし5年目の今年は、1回戦負け。女子ダブルスではほかに、世界5位のグレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア)が、中国3番手ツェン・ユー(23)/リ・ウェンメイ(19)に敗れ、大会を終えている

一方、シードの外国勢に挑んだ日本選手のうち、西本拳太が第8シードのジョナタン・クリスティ(インドネシア)、金子祐樹・松友が第7シードのタン・チュンマン/ツェ・インシュー(香港)と、ランク上位の相手を打ち破り2回戦に進んだ

 

日本選手以外では、男子シングルスで第5シードのキダンビ・スリカンス(インド)と第6シードのアンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)が、ぞれぞれシェサル・ヒレン・ルスタビト(インドネシア)とウン・カロン(香港)に敗北。女子シングルス第7シードのソン・ジヒョン(韓国)はツァイ・ヤンヤン(中国)に不覚を取り、初戦で消えた

 

日本選手1回戦の結果

【男子シングルス】

桃田賢斗(第1シード)<21-18,21-17>イ・ドンクン(韓国)

ジョナタン・クリスティ(インドネシア、第8シード)<21-18,19-21,10-21>西本拳太

チェン・ロン(中国、第4シード)<21-19,21-13>常山幹太

サミール・ヴェルマ(インド)<21-13,17-21,21-18>坂井一将

【女子シングルス】

奥原希望(第2シード)<21-12,21-17>キム・ヒョミン(韓国)

山口茜(第3シード)<21-7,21-19>カビディ・シリマンエイジ(スリランカ※予選勝ち上がり)

プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド、第4シード)<21-14,21-7>高橋沙也加

大堀彩<21-7,21-12>テッター・トゥ-ザ(ミャンマー※予選繰り上がり)

【男子ダブルス】

園田啓悟・嘉村健士(第3シード)<21-12,21-17>タム・チュンヘイ/チュン・ヨニー(香港)

遠藤大由・渡辺勇大(第5シード)<21-12,21-15>キッティサク・ナマダシュ/ティン・イスリヤネト(タイ)

小林優吾・保木卓朗<13-20棄権>ユン・ミンノク/チャン・タクチン(香港※予選勝ち上がり)

ツァン・ナン/リュウ・チェン(中国、第8シード)<21-16,21-14>金子祐樹・井上拓斗

【女子ダブルス】

高橋礼華・松友美佐紀(第2シード)<18-21,19-21>ドン・ウェンジン/フェン・シュエイン(中国)

永原和可那・松本麻佑(第3シード)<21-2,21-3>セヴィンチ・ソディコワ/グルアサール・ボキエワ(ウズベキスタン)

米元小春・田中志穂<棄権>ビビアン・フー/ヤップ・チェンウェン(マレーシア)

※福島由紀・廣田彩花(第1シード)は2回戦から登場

【混合ダブルス】

渡辺勇大・東野有紗(第3シード)<21-19,22-20>ニピトポン・プアンプアぺト/サビトリー・アミトラパイ(タイ)

権藤公平・栗原文音<21-15,21-18>サチン・ディアス/シリニ・プラモディカ・ヘンダヘワ(スリランカ※予選繰り上がり)

保木卓朗・永原和可那<21-19,13-21,21-18>チャン・タクチン/ウン・ウィンユン(香港)

タン・チュンマン/ツェ・インシュー(香港、第7シード)<19-21,17-21>金子祐樹・松友美佐紀

 

日本選手2回戦の対戦カード

【男子シングルス】

桃田賢斗(第1シード)対リー・チュクイウ(香港)

西本拳太対ウォン・ウィンキ(香港)

【女子シングルス】

奥原希望(第2シード)対ソニア・チー(マレーシア)

山口茜(第3シード)対ヨー・ジアミン(シンガポール)

大堀彩対チュン・ガンイ(香港)

【男子ダブルス】

園田啓悟・嘉村健士(第3シード)対モハマド・アリフ・アブドゥル・ラティフ/ヌル・モハド・アズリン・アユブ(マレーシア)

遠藤大由・渡辺勇大(第5シード)対アデ・ユスフ・サントソ/ワヒュ・ナヤカ・アルヤ・パンカルヤニラ(インドネシア)

【女子ダブルス】

福島由紀・廣田彩花(第1シード)対リ・インフェイ/ドゥ・ユエ(中国)

永原和可那・松本麻佑(第3シード)対リム・ミンフイ/ジン・ユージア(シンガポール)

【混合ダブルス】

渡辺勇大・東野有紗(第3シード)対リノブ・リバルディ/ピサ・ハニントヤス・メンタリ(インドネシア)

権藤公平・栗原文音対ユン・ミンノク/ウン・ツーヤウ(香港)

デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ(タイ、第4シード)対保木卓朗・永原和可那

プラビーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ(インドネシア)対金子祐樹・松友美佐紀

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: