No Japanese into the finals this year in Germany

Sayaka

Sayaka ~photo courtesy of Claudia PAULI

ドイツオープンGPゴールド準決勝、日本勢はすべて敗れ、2年連続の決勝進出を果たせなかった。ディフェンディングチャンピオンの高橋沙也加選手は、昨年同様、スペインのカロリナ・マリン選手と対戦したが、世界チャンピオンとなり自信をつけたマリン選手にリベンジを許し、上位大会スーパーシリーズ(SS)に出場できない厳しい状況の下、ランキングポイントを減らす結果となった

高橋選手は、2015年のナショナルチームを決める昨年12月の全日本総合選手権でベスト8に終わり、世界ランクでは日本女子シングルス陣の中で最上位に付けながら、A代表からB代表へ降格となった。結果として高いランキングポイントを稼げるSSへの出場資格を失い、現時点で、五輪レース前の4大会(全英オープンSSプレミア、インドオープンSS、マレーシアオープンSSプレミア、シンガポールオープンSS)にエントリーできない状態。そのため、出場が許されるSSの次に位置するGPゴールドで結果を残すことで世界ランクの低下を抑え、5月のレース開始後のA代表復帰の道を模索している

Nozomi~photo courtesy of Claudia PAULI

Nozomi ~photo courtesy of Claudia PAULI

奥原希望選手は、2012年ジャパンオープンSS以来の対戦となる韓国のエース、ソン・ジヒョン選手に挑んだ。第1ゲーム、17-14とリードするが直後に逆転され、19-19まで食らいつくも、このゲームを落とす。第2ゲームは序盤にリードを許すと、最後まで追いつくことができないまま完敗。ベスト4どまりで、マレーシアマスターズGPゴールド、チャイナインターナショナルチャレンジに続く今シーズン3連勝を逃した

ただ奥原選手の場合、世界ランクの算定基準になる過去1年間に出場したランキングポイント対象大会が上限の10大会に達していなかったため、今大会で獲得したポイント(4,900ポイント)はそのまま加算され、世界ランクのアップにつながる

男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組は、園田啓悟・嘉村健士組に敗れ準優勝に終わった昨年に続く決勝進出を狙ったが、デンマーク2番手のマッズ・コンラド・ペターセン/マッズ・ピーラー・コルディング組にストレート負け。優勝に大きく貢献した昨年5月のトマス杯で唯一、黒星をつけられた長身ペアに3連敗となった

準決勝の結果

【男子シングルス】

ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、世界2位)〈21-18,21-13〉ウォン・ウィンキ(香港、世界29位)

ソン・ワンホ(韓国、世界4位)〈17-21,15-21〉ディオニシウス・ハヨム・ルンバカ(インドネシア、世界32位)

【女子シングルス】

ソン・ジヒョン(韓国、世界4位)〈21-19,21-13〉奥原希望(世界18位)

カロリナ・マリン(スペイン、世界6位)〈21-16,21-12〉高橋沙也加(世界13位)

【男子ダブルス】

イワン・ソゾノフ/ウラジミール・イワノフ(ロシア、世界14位)〈21-7,19-21,21-17〉アンダース・スカールプ・ラスムセン/キム・アストルプ・ソレンセン(デンマーク、世界18位)

早川賢一・遠藤大由(世界6位)〈16-21,14-21〉マッズ・コンラド・ペターセン/マッズ・ピーラー・コルディング(デンマーク、世界13位)

【女子ダブルス】

ウーン・ケーウェイ/フー・ビビアン・カームン(マレーシア、世界17位)〈13-21,21-15,18-21〉デラ・デスティアラ・ハリス/ロシタ・エカ・プトリ・サリ(インドネシア、世界309位)

クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界4位)〈21-15,21-18〉チャン・イエナ/ユ・ヘウォン(韓国、世界112位)

【混合ダブルス】

ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界2位)〈21-17,21-16〉クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック(イングランド、世界6位)

マッズ・ピーラー・コルディング/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界12位)〈21-6,21-12〉サム・マギー/クロエ・マギー(アイルランド、世界28位)

 

以下、追記(3月1日)

決勝の結果

【男子シングルス】 ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、世界2位)〈21-12,21-13〉ディオニシウス・ハヨム・ルンバカ(インドネシア、世界32位)

【女子シングルス】 ソン・ジヒョン(韓国、世界4位)〈21-15,14-21,21-6〉カロリナ・マリン(スペイン、世界6位)

【男子ダブルス】 マッズ・コンラド・ペターセン/マッズ・ピーラー・コルディング(デンマーク、世界13位)〈22-20,21-19〉イワン・ソゾノフ/ウラジミール・イワノフ(ロシア、世界14位)

【女子ダブルス】 クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界4位)〈21-18,17-21,21-9〉デラ・デスティアラ・ハリス/ロシタ・エカ・プトリ・サリ(インドネシア、世界309位)

【混合ダブルス】 ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界2位)〈18-21,17-21〉マッズ・ピーラー・コルディング/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界12位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: