Aya makes her debut in Purple League following TAGO and Kento

Aya in Purple

Aya is happy to win her first match in 2015 season

昨年11月25日にスタートしたマレーシアパープルリーグ(MPL)は、1月29日までに全12チームがそれぞれ10試合を戦い、1試合ずつ残すのみとなった。先に参戦していた田児賢一、桃田賢斗両選手に続いて、28日には大堀彩選手がデビュー。世界ランク上位のマレーシアのリディア・イユー・チェア選手を破り、初戦を白星で飾った

大堀選手は試合直後、BadPaL の取材に応じ、「思ったよりも声援が大きくて緊張し、どうしていいか分からなかった」と苦笑交じりに明かした。それでも、チームからかけられた「勝っても負けてもいいから楽しんでこい」という言葉に助けられたと話した。その上で、「今年最初の試合で勝てて良かった」と安どの表情を見せた

大堀選手は、現在バリ島で行われているインドネシアスーパーリーガに2年前、参戦した経験がある。両リーグの違いを聞くと、「こっち(パープルリーグ)の方はコートが1つしかないので、余計緊張した」と答えた

Kento in Purple

Kento still feels difficulty of 11-point match

同じ日、桃田選手は、シンガポールのベテラン、ロナルド・スシロ選手(35)に勝利した7日の初戦に続く、2戦目に臨んだ。しかしこの日はマレーシアのベテラン、モハンマド・ハフィズ・ハシム選手(32)に翻弄され、リーグ初黒星を喫した

桃田選手は BadPaL に対し、「11点ゲームにまだ慣れない。こっちが勢いに乗れればいいが、逆に相手に勢いをつかまれてしまうと、力を出し切れないまま終わってしまう」と指摘。消化不良だったと敗戦の感想を述べた。ひとまわり年の離れた対戦相手ハシム選手については、「かつて全英オープンを制した選手であることは知っていたが、実際に生(ライブ)でプレーを見たことはなく、ビデオで見ただけ」と明かした

一方、今回のように海外のプロリーグに参加することに関しては、「主戦場としているスーパーシリーズ(SS)などには出てこないハシム選手のような強い相手とも試合ができる。自分にはまだ真の実力がないので、出場機会をもらえるのであれば、どんどん挑戦していきたい」と述べ、意欲を示した

TAGO

TAGO is ready for his forth match in Purple League

田児選手は1月初めから参戦し、4日、6日、10日と既に3試合を戦っている。選手登録するプタリンBCは27日に試合(10戦目)があったが、日本代表強化合宿(16~25日)のためいったん帰国した田児選手と入れ替わりにマレーシア入りしたデンマークのヤン・ヨルゲンセン選手の契約最後の試合で、出番なし。日本から練習のために連れてきた後輩らとともに、会場でチームメイトの試合を観戦した。ただ再入国した26日以降、練習には連日参加し、チームの若手とのスパーリングなども精力的にこなしている

日本の3選手はこの後、31日に田児選手と桃田選手、2月1日に大堀選手がそれぞれプタリンBC、カジャンBC、プチョンユナイテッドBCのリーグ最終戦に出場する予定

マレーシア初のプロリーグとして創設されたこの大会は、国内の12クラブによる男女混合団体戦。種目は男子シングルス2人、女子シングルス1人、男子ダブルス2組、混合ダブルス1組の3単3複で、11点×5ゲーム(セッティングなし)の総当たり戦で争う。優勝チームは賞金100万リンギ(約3,256万円)を得る。これに◆準優勝:30万リンギ(約977万円)◆3位:15万リンギ(約488万円)◆4~10位:8万リンギ(約260万円)ずつ――と続く。11位と12位は賞金なし

◆12チームの暫定順位(29日終了時点)と主な登録選手

【1位】ムアルシティBC~タイ・ツーイン(台湾)、イ・ヒョンイル(韓国)

【2位】プタリンジャヤBC~グエン・ティエンミン(ベトナム)、ボディン・イサラ(タイ)

【3位】プチョンユナイテッドBC~大堀彩、マルキス・キド(インドネシア)

【4位】カポンBC~チョン・ウェイフェン、タン・ブンヒョン(ともにマレーシア)

【5位】プタリンBC~田児賢一、ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク)

【6位】アンパンジャヤBC~ウォン・ウィンキ(香港)

【7位】チェラスBC~ムハンマド・ハフィズ・ハシム(マレーシア)

【8位】クランユナイテッドBC~デレク・ウォン・ジリアン(シンガポール)

【9位】スルダンBC~ワン・チリン(台湾)、ゴー・ジンウェイ(マレーシア)

【10位】ヌサジャヤBC~ブーンサックポンサナ(タイ)、イップ・プイイン(香港)

【11位】カジャンBC~桃田賢斗、リリヤナ・ナッチル(インドネシア)

【12位】バングサホークスBC~プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: