Archive | September 19, 2014

Can Japan shine at Asian Games as World champion ?

4年に一度のアジア大会バドミントン競技があす20日、韓国・仁川で始まる。とりわけ個人戦に先立ち行われる団体戦では、5月の国・地域別対抗戦トマス・ユーバー杯で男子が優勝、女子が準優勝した日本チームの活躍に期待が高まる。しかし、トマス杯敗北のリベンジのため世界ランク上位の選手を外し五輪2連覇のリン・ダン選手を第2シングルスに引き上げた中国、自国開催の今大会に照準を合わせ男子ダブルス世界1位のイ・ヨンデ/ユ・ヨンソン組を中心に調子を上げてきた韓国、さらに東南アジアからインドネシア、マレーシア、タイなど難敵が数多く立ちはだかるため、メダル獲得すら楽観視できないのが現実だ。ヨネックス米山勉社長の独占インタビューも絡め、日本の現在の立ち位置を確認しつつ、アジア大会を展望する Advertisements

Continue reading