1 man, 2 women and 1 pair of Japan advance to Semifinals

ジャパンオープンSS準々決勝、日本のシングルス勢3人、田児賢一選手、山口茜選手、打田しづか選手が勝ち、ベスト4入りを果たした

Kenichi TAGO

Kenichi : No.1 in Japan

Akane YAMAGUCHI

Akane : Youngest semifinalist

Shizuka UCHIDA

Shizuka : Non-national member

このうち田児選手は、初対戦となったインドのK.スリカンス選手をストレートで下した後、記者会見に臨み、「本当に勝ちたかったので、きのう初めて対戦相手のビデオを見た」と明かした。BadPaL がその成果を尋ねると、「試合前日にビデオで研究するのは本意ではなかったが、効果は非常にあった」と苦笑しながら答えた。初の決勝進出がかかる準決勝については、勝たないといけないプレッシャーで開幕前から憂鬱になる大会と認めながら、「ホームの雰囲気に乗っていきたい」と、勝利への意欲を見せた

橋本由衣選手との同国対決を制した山口選手は、「緊張していたが、最初から集中して試合に入れた。第2ゲームは苦しかったが、相手の足が先に止まりミスしてくれ、助けられた部分もあった」と試合を振り返った。高橋沙也加選手を下して勝ち上がってきた台湾の19歳タイ・ツーイン選手との準決勝については、「相手は格上なので向かっていけるようにしたい」とコメントした

Jun TAKEMURA

Jun feels World No.1’s speed and power

一方、予選からの勝ち上がりで、2回戦では世界トップ10の香港フ・ユン選手を破った32歳の竹村純選手はこの日、世界ランク1位、30歳のリー・チョンウェイ選手に挑んだ。しかし攻守ともに圧倒され10-21,11-21と完敗した。BadPaL が、竹村選手が試合途中に思わず「まじかよっ?」とつぶやいた真意を尋ねると、自分の放ったショットに対し、想定を超える速さで返球があったことに驚いたと説明。日本でも田児選手らと対戦した時、驚くことはあるが、それを上回っていたと、実際に対戦して感じたリー選手のすごさを表現した

ダブルス陣は、日本から3組が準々決勝に臨んだが、ベスト4入りを果たしたのは女子ダブルス第2シードの高橋礼華・松友美佐紀組のみとなった

男子ダブルスでは、平田典靖・橋本博且組が、前日の2回戦で第3シードの早川賢一・遠藤大由組を破って勝ち上がってきた中国ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ組と対戦。第1ゲームを奪われた後、第2ゲームを取り返し試合を振り出しに戻すが、ファイナルゲームは中国ペアの攻撃に押し込まれる展開で、一度もリードを奪えぬまま15-21で敗れ、ベスト8で今大会を終えた

Ayaka TAKAHASHI-Takuto INOUE

Ayaka / Takuto prove high potential as Mixed pair

混合ダブルスは、前日、世界6位のインドネシアペアを倒して勢いに乗る井上拓斗・高橋礼華組が、19日付発表の最新の世界ランキングで世界1位に返り咲いた、ロンドン五輪金メダルの中国ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組に挑戦した。第1ゲームは実力・実績ともにはるかに上の中国ペアに15-21で振り切られるが、第2ゲームに入ると中盤、11-16とリードされた場面から7連続得点を決め、逆転に成功。そのまま20-18とゲームポイントを握るが、地力に勝る中国ペアに追い上げられ20-22で惜しいゲームを落とした

連日の金星獲得とはならなかったが、混合の練習を十分していない中、世界ランク上位の選手を相手に一方的に押し切られることなく試合ができたことで、ペアとしての潜在性を示した。ただ現時点では、井上、高橋両選手ともに自分たちの実力を測りかねている様子で、今後、国際大会への出場を続けるかどうかも未定という

準々決勝の結果

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)〈21-10,21-11〉竹村純(世界320位※予選勝ち上がり)、グエン・ティエンミン(ベトナム、世界8位)〈21-18,21-13〉アジャイ・ジャヤラム(インド、世界30位)、ガオ・フアン(中国、世界32位)〈21-11,20-22,21-13〉H.S.プラノイ(インド、世界56位)、田児賢一(世界5位)〈21-18,21-9〉K.スリカンス(インド、世界39位)

【女子シングルス】 橋本由衣(世界29位)〈12-21,16-21〉山口茜(世界145位※予選勝ち上がり)、タイ・ツーイン(台湾、世界8位)〈22-20,21-18〉高橋沙也加(世界17位)、ワン・イーハン(中国、世界6位)〈21-17,21-15〉ワン・シーシャン(中国、世界7位)、三谷美菜津(世界9位)〈21-19,13-21,17-21〉打田しづか(世界104位※予選繰り上がり)

【男子ダブルス】 ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、世界2位)〈21-11,21-17〉ツァイ・チアシン/リー・シェンム(台湾、世界10位)、リュウ・シャオロン/チュウ・ツィハン(中国、世界7位)〈棄権〉リュウ・チェン/カン・ジュン(中国、239位)、平田典靖・橋本博且(世界18位)〈15-21,21-17,15-21〉ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国、世界46位)、マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク、世界3位)〈21-16,21-19〉マッズ・コンラド・ペターセン/マッズ・ピーラー・コルディング(デンマーク、世界239位)

【女子ダブルス】 マー・ジン/タン・ジンフア(中国、世界2位)〈21-15,21-5〉バオ・イーシン/ツォン・チエンシン(中国、世界29位)、ピア・ゼバディア・ベルナデス/リズキ・アメ リア・プラディプタ(インドネシア、世界7位)〈21-12,22-20〉チェン・ウェンシン/シエ・ペイチェン(台湾、世界56位)、クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ ユール(デンマーク、世界4位)〈21-19,23-21〉タン・ユエンティン/オウ・ドンニ(中国、世界83位)、高橋礼華・松友美佐紀(世界3位)〈21-17,21-15〉プーン・ロクヤン/ツェ・インシュー(香港、世界10位)

【混合ダブルス】 シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界2位)〈21-8,21-14〉チャイ・ビアオ/タン・ジンフア(中国、世界381位)、ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリス ティナ・ペダーセン(デンマーク、世界4位)〈21-10,19-21,21-10〉プラビーン・ジョーダン/ビタ・マリッサ(インドネシア、世界16位)、マルキス・キド/ピア・ゼバディ ア・ベルナデス(インドネシア、世界9位)〈21-17,19-21,19-21〉リュウ・チェン/バオ・イーシン(中国、世界121位)、ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ(中国、世界1位) 〈21-15,22-20〉井上拓斗・高橋礼華

 

準決勝の対戦カード

【男子シングルス】

リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)対グエン・ティエンミン(ベトナム、世界8位)

田児賢一(世界5位)対ガオ・フアン(中国、世界32位)

【女子シングルス】

タイ・ツーイン(台湾、世界8位)対山口茜(世界145位※予選勝ち上がり)

ワン・イーハン(中国、世界6位)対打田しづか(世界104位※予選繰り上がり)

【男子ダブルス】

ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、世界2位)対リュウ・チェン/カン・ジュン(中国、239位)

マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク、世界3位)対ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国、世界46位)

【女子ダブルス】

マー・ジン/タン・ジンフア(中国、世界2位)対ピア・ゼバディア・ベルナデス/リズキ・アメ リア・プラディプタ(インドネシア、世界7位)

高橋礼華・松友美佐紀(世界3位)対クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ ユール(デンマーク、世界4位)

【混 合ダブルス】

シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界2位)対ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリス ティナ・ペダーセン(デンマーク、世界4位)

ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ(中国、世界1位)対リュウ・チェン/バオ・イーシン(中国、世界121位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: