No Japanese lose on 3rd day of Australian Open

オーストラリアンオープンGPゴールド3日目、男子シングルス3回戦とその他種目の2回戦が行われ、登場した日本選手はすべて勝ち、そろってベスト8入りを果たした

このうち女子シングルスの後藤愛選手は、前日、廣瀬栄理子選手をフルゲームの末に下したインドネシアのアプリラ・ユスワンダリ選手に第1ゲームを奪われる苦しい展開となる。しかしここから持ち味である粘りを発揮し、第2、第3ゲームを連取して逆転勝利を収めた。準々決勝では三谷美菜津選手と対戦する予定だったが、三谷選手の棄権によりベスト4一番乗りを決めた

あすは、女子ダブルスで松尾静香・内藤真実組対高橋礼華・松友美佐紀組の日本勢対決がある。両ペアはこれまで国際大会において、◆2009年大阪インターナショナルチャレンジ◆2011年ドイツオープンGPゴールド◆2012年ドイツオープンGPゴールド◆2012年スイスオープンGPゴールド――の4度対戦しており、対戦成績は2勝2敗の五分となっている。今回は、とりわけロンドン五輪出場権をギリギリのところで争っている松尾・内藤組にとって、取りこぼしの許されない一戦となる

大会3日目の日本選手の結果

【男子シングルス】 佐々木翔(世界6位)〈15-21,21-11,21-19〉フ・ユン(香港、世界20位)、上田拓馬(世界39位)〈21-14,21-11〉スッパニュ・アビヒンクサノン(タイ、世界49位)

【女子シングルス】 佐藤冴香(世界16位)〈不戦勝〉テルマ・サントス(ポルトガル、世界72位)、後藤愛(世界19位)〈14-21,21-13,21-14〉アプリラ・ユスワンダリ(インドネシア、世界41位)、三谷美菜津(世界30位)〈21-15,21-12〉リディア・リヤ・チー(マレーシア、世界98位)

【男子ダブルス】 平田典靖・橋本博且(世界7位)〈21-10,21-9〉チャン・ホアン・ファム/マイケル・ファリマン(オーストラリア、世界163位)、佐藤翔治・川前直樹(世界9位)〈21-14,21-15〉チョー・グンウー/カン・ジウック(韓国)、早川賢一・遠藤大由(世界13位)〈21-18,16-21,21-10〉チャユット・トリヤチャート/ダニー・バワ・クリスナンタ(シンガポール、世界71位)

【女子ダブルス】 末綱聡子・前田美順(世界5位)〈21-16,21-6〉クンチャラ・ウォラビチッチャイクン/ドゥアンアノン・アルンゲーソン(タイ、世界24位)、松尾静香・内藤真実(世界6位)〈21-10,21-12〉ニチャオン・ジンダポン/サビトリー・アミトラパイ(タイ)、ウーン・ケーウェイ/フー・ビビアン・カームン(マレーシア、世界19位)〈15-21,11-21高橋礼華・松友美佐紀(世界21位)

【混合ダブルス】 池田信太郎・潮田玲子(世界10位)〈21-15,21-15〉チョー・グンウー/キム・ソヨン(韓国)、ムハンマド・リジャル/デビー・スサント(インドネシア、世界13位)〈17-21,11-21〉早川賢一・松友美佐紀(世界37位)

 

準々決勝の対戦カードは以下の通り

【男子シングルス】 チェン・ジン(中国、世界5位)対上田拓馬(世界39位)、シモン・サントソ(インドネシア、世界9位)対ソン・ワンホ(韓国、世界18位)、グエン・ティエンミン(ベトナム、世界12位)対アラムシャ・ユヌス(インドネシア、世界32位)、佐々木翔(世界6位)対タウフィック・ヒダヤット(インドネシア、世界11位)

【女子シングルス】 後藤愛(世界19位)〈不戦勝〉三谷美菜津(世界30位)、ベ・ヨンジュ(韓国、世界14位)対ワン・リン(中国、世界88位)、ソン・ジヒョン(韓国、世界11位)対佐藤冴香(世界16位)、ポーンティップ・ブラナプラサーツク(タイ、世界13位)対ハン・リ(中国、世界92位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界13位)対フーン・ティエンハウ/テオ・コクシアン(マレーシア)、ファン・チーミン/リー・シェンム(台湾、世界10位)対佐藤翔治・川前直樹(世界9位)、ヘンドラ・アプリダ・グナワン/アルベン・ユリアント・チャンドラ(インドネシア、世界11位)対マルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン(インドネシア、世界12位)、平田典靖・橋本博且(世界7位)対ライアン・アグン・サプトラ/アンガ・プラタマ(インドネシア、世界18位)

【女子ダブルス】 末綱聡子・前田美順(世界5位)対ビタ・マリッサ/ナディヤ・メラティ(インドネシア、世界13位)、チェン・ウェンシン/チエン・ユーチン(台湾、世界9位)対ウォン・ペイティ/チン・イエイフイ(マレーシア、世界15位)、アネケ・フェイニャ・アグスティン/ニトヤ・クリシンダ・マヘスワリ(インドネシア、世界17位)対ルオ・イン/ルオ・ユー(中国、世界50位)、松尾静香・内藤真実(世界6位)対高橋礼華・松友美佐紀(世界21位)

【混合ダブルス】 池田信太郎・潮田玲子(世界11位)対カン・ジウック/チェ・へイン(韓国)、チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、世界8位)対ヘ・ハンビン/バオ・イーシン(中国、世界18位)、早川賢一・松友美佐紀(世界37位)対リュウ・チェン/ルオ・イン(中国、世界137位)、チェン・フンリン/チェン・ウェンシン(台湾、世界5位)対ロベルト・マティウシアク/ナディエズダ・ジーバ組(ポーランド、世界27位)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s