Day 1 of Thomas/Uber Preliminaries Round in Asia

男女別の国・地域別対抗戦トマス・ユーバー杯のアジア予選が13日、マカオで開幕し、日本は男女ともに危なげなく白星発進した 格下が相手ということもあり、男子はシングルスとダブルスのエース、佐々木翔選手(世界ランク6位)と平田典靖・橋本博且組(世界8位)、女子はダブルス2番手の末綱聡子・前田美順組(世界5位)を温存した布陣で初戦に臨み、ともに5対0で完勝した

New US$1m tournament launched in South East Asia

賞金総額100万ドルのバドミントン大会が、新たに東南アジアで開催される 大会を運営するトータルスポーツアジア(TSA)が8日、 BadPaL に明かしたところによれば、マレーシアの通信大手Axiata Group Berhad(アシアタ)がスポンサーを務める「Axiataカップ」で、アジアバドミントン連盟(BAC)の認可大会になるという マレーシアとインドネシアが2チームずつ、それにタイ、シンガポール、ベトナム、フィリピンを加えた東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の計8チームによる団体戦で、シングルス2人、ダブルス1組の3試合で争う。新しい試みは、準決勝と決勝をそれぞれ、クアラルンプールとジャカルタの2カ所のホーム&アウェー形式で行う点 大会開催期間は、8チームを2つのブロックに分けて総当たり戦を行う予選ラウンドが3月23~25日、各ブロック上位2チームずつのホーム&アウェー形式の準決勝が3月30日と4月1日(中日に移動)、同じくホーム&アウェー形式の決勝が4月13日と15日(中日に移動)に予定されている。各チームのエントリー選手は、今月13日からマカオで開催されるトマス・ユーバー杯アジア予選終了後、同月23日までに発表される

Lin Dan recognized one of the best sportsmen by Laureus Awards

昨年1年間で最も活躍したスポーツ選手・団体を表彰する「ローレウス世界スポーツ賞(Laureus World Sportsman of the Year)」の授賞式が6日、英国・ロンドンで行われた。その会場にノミネート選手ではないバドミントンのリン・ダン選手(中国)が、主催者招待により姿を見せた リン・ダン選手は昨年、世界ランクこそ1位に届かなかったものの、五輪に並び称される最高峰の大会、世界選手権(10月)で世界トップを長く維持するライバル、リー・チョンウェイ選手(マレーシア)を決勝で下し、自身4度目となる世界チャンピオンの称号を獲得。実力ナンバーワンをあらためて実証した。2008年の北京五輪金メダルから現在まで続くゆるぎない実績を踏まえ、今回、国際的にはマイナースポーツの部類に属するバドミントンの選手としては過去に例のない来賓として招かれたようだ

Only 3-month left in Olympic qualifying race

2月に入り、オリンピックレースも残り3カ月となった。高いランキングポイントが得られる上位大会スーパーシリーズ(SS)は、3月の全英オープンSSプレミアと4月のインドオープンSSを残すのみ この時点で各種目の世界ランク上位の中には、非公式ながら出場権確保をほぼ確実にし、6カ月後に迫ったロンドン五輪本番にピークを持っていくべく、出場する大会を絞り込み、事実上、最終調整に入る選手もいる。一方、当落線上にいるその他の多くの選手は、SSの次に位置付けられるグランプリ(GP)ゴールド3大会(ドイツ、スイス、オーストラリア)を含む国際大会への出場を続け、ラストスパートをかける 五輪出場選手は、正式には4月29日に終了するインドオープンSSの結果を踏まえ、世界バドミントン連盟(BWF)が5月3日に発表する最新の世界ランキングで確定する