Musica denies Malaysian to take a championship away from Indonesia

インドネシアスーパーリーガ最終日、男子決勝が行われ、ムシカ・チャンピオンが最強の助っ人、世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手を擁しながら一次リーグ初戦で敗れたマレーシアタイガースに競り勝ち、前日の女子決勝に続いて、タイトルの海外流出を阻止した。既に戦列を離れ帰国したリー選手に代わって、第1シングルスの重責を任されたトミー・スギアルト選手が、リー選手を破ったダレン・リュー選手をフルゲームの末に倒し、先勝する。続く第1ダブルスは一次リーグと同じ顔合わせとなったが、ライアン・スクマワン/レンドラ・ウィジャヤ組がリベンジに成功。優勝まであと1勝と迫る。次に控えるのは、今大会ここまで5戦負けなしの韓国イ・ヒョンイル選手。この時点で勝負ありと思われた

JayaRaya gets revenge win over UNISYS in SuperLiga Final

インドネシアスーパーリーガ女子決勝、初参戦で決勝まで勝ち進んだ日本ユニシスがタイトル奪取を目指しジャカルタに拠点を置くジャヤラヤとの一戦に臨んだ。第1シングルスの高橋沙也加選手と第1ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組がいずれも接戦を勝ち抜け優勝に王手をかけたが、続く3種目を次々と奪われ、優勝にはあと一歩届かなかった。なお、チャンピオンになったジャヤラヤはこの日、足の不調を訴えていた‘外国人助っ人’、三谷美菜津選手を外したオーダーを組んだ

UNISYS advances to Women’s Final after beating RENESAS

インドネシアスーパーリーガ5日目、女子準決勝で日本から参戦の2チームが決勝進出を掛けて激突し、選手層に厚みを持つ日本ユニシスが、主力選手を欠くルネサスに3対0と完勝した。とりわけ、ルネサスのポイントゲッター、前田美順・垣岩令佳組を、ユニシスのエースペア、高橋礼華・松友美佐紀組がきっちり抑えたのが大きかった。この結果、ユニシスは8日の決勝で三谷美菜津選手をメンバーに加えるジャヤラヤと対戦する。一方、敗れたルネサスは、世界ランク4位と同9位を第1、第2シングルスに据えるジャルムとの3位決定戦に回る

JapanLeague champ finally grabs the first win in Indonesia SuperLiga

インドネシアスーパーリーガ一次リーグ4日目、日本の男子2チームがそろって勝ち、今大会初勝利を挙げた。このうち、開幕から3連敗で準決勝進出の道が断たれ、この日が最終戦となったトナミ運輸は、シングルスとダブルスのエース、佐々木翔選手と平田典靖・橋本博且組が勝ち、王手をかける。しかし続く武下利一選手は、ムシカ・チャンピオンに助っ人として招へいされた韓国のベテラン、イ・ヒョンイル選手に止められ、勝敗の行方は第2ダブルスへ。ここで園田啓悟・嘉村健士組がファイナルゲーム20-20までもつれた試合を勝ち切り、2年連続で日本リーグを制したトナミが初参戦のインドネシアスーパーリーガでようやく1勝を手にした

UNISYS and RENESAS from Japan secure semifinals slots

インドネシアスーパーリーガ一次リーグ3日目、日本から参戦の女子2チームが一次リーグを勝ち抜け、7日に行われる準決勝進出を決めた。日本ユニシスは3戦全勝でトップ通過。ルネサスはこの日勝って通算成績を2勝1敗とし、グループ2位以内を確実にした。一方、男子はトナミ運輸が3連敗となり、1試合を残して一次リーグ敗退が確定。既に2敗しているユニシスはこの日試合がなく、残り2試合に勝利した上で、現在2勝でグループ2位に付けているタンカスが2連敗することが準決勝進出に必要な条件となる