Archive | October 3, 2015

TAGO decides to leave national team for making things better

日本のバドミントンを目に見える形で世界レベルに近づけた貢献者の1人、田児賢一選手が、ついにナショナルチームから離脱した。調子を落とした昨年後半以降、自らの意思としてその可能性があり得ることを示唆していたが、今月1日、「代表辞退」という形で現実のものとなった Advertisements

Continue reading