Japan Open Preview : High expectation for Silver collectors to win in their homeland

10日に開幕が迫ったジャパンオープンスーパーシリーズ(SS)、男子が優勝、女子が準優勝という好成績を残した5月の国・地域別対抗戦トマス・ユーバー杯の余韻もあり、これまでにも増して自国開催の国際大会での日本選手の活躍に期待は高まる。とりわけ、世界ランク1ケタ台に定着し、優勝こそまだないものの、上位大会SSの決勝を4回以上経験している5人に注目したい BadPaL が今回、頂点にもっとも近いと考えるのは、ユーバー杯で見事な戦いぶりを見せた女子ダブルス世界4位の高橋礼華・松友美佐紀組。単に格上のライバルである世界1位の中国タン・ジンフア/バオ・イーシン組と同2位のデンマーク、クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール組に勝ったからではない。