Tag Archives: philippines

Play with Pro

いつも誘われているフィリピンのカントリークラブに週末、バドミントンをしに行くと、見慣れたメンバー以外に、国際大会でしばしば目にする顔触れが。ヘンドラアプリダ・グナワン、ビタ・マリッサ、リタ・ヌルリタの3選手で、いずれも第1線で活躍するインドネシアのトッププレーヤーだ 次週のマカオオープン・グランプリ(GP)ゴールド参戦で、フィリピンの娯楽企業ビンゴボナンザのアルフレド・ベニテス最高経営責任者(CEO)がスポンサーに付いている関係でフィリピンを訪れているとのこと。5月の選挙で下院議員に初当選したばかりの同CEO、自らも定期的にプレーするバドミントン愛好家で、企業としては2006、07、09年に開催されたフィリピンオープンGPゴールドの冠スポンサーを務めた このような状況下で、まったく期せずして3人の世界トップ選手とゲームをする好機に恵まれた。とりわけ25日には、北京五輪男子ダブルス金メダリストのマルキス・キド選手とミックスダブルスを組むヌルリタ選手とのダブルスで、フィリピンの元ナショナル選手などを加えた残り8組のペアと総当たりの試合を行い、グナワン選手、マリッサ選手とネットを挟んで対峙する緊張感も味わった

Continue reading

Exhibition in Manila with Taiwanese top pair

マニラで12日、台湾のチェン・ウェンシン、チエン・ユーチン両選手(女子ダブルス世界8位)を招いてエキシビションが行われた ショッピングモールやホテルなどを運営する国内大手企業ロビンソンズ・ランド(RLC)が企画。バドミントン愛好家であるフレデリック・ゴー社長兼最高執行責任者(COO)の誕生日に合わせて開催される、取引先企業などを集めた大会の一環で行われた。

Continue reading

【PlaceToPlay】 Play in Makati, Philippines (1)

このカテゴリー(PlaceToPlay)では、海外のバドミントン練習場を紹介する フィリピンの商業中心マカティ市に位置するマニラ・ポロクラブ。1909年創設(焼失のため1950年建て替え)の会員制施設(カントリークラブの位置付け)で、ポロのほか、乗馬、水泳、テニス、スカッシュ、バドミントン、アーチェリー、ボーリング、ゴルフ(ドライビングレンジのみ)などの各種スポーツが楽しめる バドミントン会場は元々、室内テニスコート(2面)だった場所をニーズに応じて改造したもので、12面のコートを要す。このうち6面は床がコンクリートだったが最近、改修工事が行われ、すべてが床材の上にタラフレックス(マット)を敷いたコートとなり、6月5日に落成式が行われた ここでプレーできるのは会員とその家族、または会員が招いたゲストのみ。

Continue reading