Archive | HongKongOpen SS RSS feed for this section

Shizuka/Mami and TAGO to face unbeatable opponents in semifinals

香港オープンSS準々決勝、ここまで勝ち進んだ日本勢の中で、女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組と男子シングルスの田児賢一選手が勝利し、準決勝に残った Advertisements

Continue reading

Non-Chinese wins 4 out of 5

香港オープン・スーパーシリーズ(SS)決勝、20歳同士の対決となった女子シングルスで、インドのサイナ・ネワル選手が今大会好調の中国ワン・シーシャン選手を逆転(15-21,21-16,21-17)で下し、シンガポールオープン、インドネシアオープンに続く今年3つ目のSSタイトルを手にした。どちらが勝ってもおかしくない一進一退の試合展開だったが、最終的に、ネワル選手の頭を使った冷静な試合運びが勝利を呼び込んだ 混合ダブルスでは、デンマークのヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組が、今年の全英オープンSSとジャパンオープンSSを制した中国ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組をフルゲーム(22-20,14-21,22-20)の末に破り、優勝。歓喜の雄たけびを上げた

Continue reading

Indonesian Mens Doubles beat Korean again

香港オープンSS準決勝、男子ダブルスでマルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組(インド ネシア、世界4位)とチョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国、世界7位)が対戦。1点を争う息詰まる接戦となるも、インドネシアペアが韓国ペアを21-19,23-21で退けた 韓国オープンGP、中国オープンSSに続く3週連続優勝を狙ったチョン/イ組は、もう1つの強豪、中国フー・ハイファン/カイ・ユン組にはアジア競技大会、中国オープンSS、香港オープンSSと連勝。しかしアジア大会を制したキド/セティアワン組には、同大会準々決勝に続く連敗を喫した

Continue reading

Strategy of China?

香港オープンスーパーシリーズ(SS)準々決勝、男子シングルスでリン・ダン、チェン・ジン両選手の棄権が試合直前になって同時に発表された。リン選手は、11月のアジア競技大会で勝利した後、中国オープン、香港オープンと2大会続けて準々決勝での途中棄権。これを受け、それぞれの対戦相手、グエン・ ティエンミン選手(ベトナム)とリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が労せず準決勝に進んだ 同じく中国の若手で、前週に行われた中国オープンの覇者チェン・ロン選手は、復活をとげつつある韓国の元エース、イ・ヒョンイル選手とぶつかった 互いに1ゲームずつ奪い合い迎えたファイナルゲーム、チェン選手が18-13と優位に試合を進めるも、ここからイ選手の反撃にあい5連続失点で追いつかれ、次のイ選手のライン際のショットが微妙な判定ながらインとなり逆転を許す。試合の流れは完全にイ選手にあったが、ここでチェン選手が治療を理由に長めの小休止をとる。この「戦略」がイ選手のリズムに影響を与え、試合再開直後、浮いたシャトルをプッシュでネットにかけると続く2ポイントも失い、チェン選手が1時間15分余りの接戦(17-21,21-16,21-19)を制した

Continue reading

Yip represents HongKong

今年最後のスーパーシリーズ(SS)、香港オープンは2回戦を終え、各種目のベスト8が出揃った。女子シングルスでは、中国の3選手を含む第1~第6シードが順当に勝ち上がり、地元香港のイップ・プイイン選手と、タイのライジングスター、15歳のインタノン・ラッチャノク選手が残り2枠を確保した 世界ランク12位のイップ選手は、11月に開催されたアジア競技大会の開会式で旗手を務め、個人戦で銅メダルを獲得した香港を代表するアスリート。香港の女子バドミントンを長年引っ張ってきたベテラン、ツォウ・ミー選手が9月にドーピング違反で実質的に現役引退へとつながる2年間の競技会出場停止処分を受けて以来、香港の顔として地元ファンの期待を一身に背負っている 9日夜に行われた2回戦では、第7シードの韓国ベ・ヨンジュ選手(世界7位)を相手に、会場の声援をバックにコート内を駆け回り、21-17,21-10でストレート勝ち。期待にこたえた。10日の準々決勝では、4強入りを掛けてインドのサイナ・ネワル選手(世界4位)と対戦する

Continue reading