Tag Archives: 廣瀬栄理子

HAYAKAWA/ENDO strikes back at All England Champion

アジア選手権準々決勝、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組が、3月の全英オープンスーパーシリーズ(SS)プレミア決勝で敗れた中国ペアへのリベンジを果たし、昨年に続いて準決勝に進出した 伝統ある全英オープンで日本男子ダブルス初のファイナリストとなった早川・遠藤組の前に立ちふさがったのは現在、世界ランク9位で中国2番手に位置するリュウ・シャオロン/チュウ・ツィハン組。英国・バーミンガムでは中国ペアの鋭いドライブを主体とした攻撃に11-21,9-21と完敗した。しかしそれから約1カ月後に訪れた再戦の場、台北市では、早川・遠藤組が圧倒。テンポの良い攻撃とドライブレシーブが冴え、第1、第2ゲームともに中国ペアに一度もリードを許さぬまま快勝した

Continue reading

Eriko and two Japanese pairs advance to Quarterfinals

全英オープンSSプレミア2回戦、女子シングルスの廣瀬栄理子選手が第1シードを破って勝ち上がってきた韓国ベ・ヨンジュ選手との1時間を越える接戦に競り勝ち、日本勢の中で最初にベスト8に名乗りを挙げた

Continue reading

No Japanese wins Japan Open yet

ジャパンオープンSS決勝、女子シングルスの廣瀬栄理子選手と女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組がタイトル獲得に挑んだが、決勝の舞台で最高のパフォーマンスを出すことは叶わず、期待された日本選手のチャンピオン誕生は来年以降に持ち越しとなった 中国選手全員の出場辞退という異例な状況下で行われた今回のジャパンオープンでは、男子シングルスを除く4種目の優勝者がいずれもSS初制覇の若手で、4年後のリオデジャネイロ五輪に向けた新たなスタートを印象付けた

Continue reading

HIROSE and MATSUO/NAITO grab chances to be the first Japanese champ

ジャパンオープンSS準決勝、女子シングルスの廣瀬栄理子選手と女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組が勝ち、決勝に進んだ。日本選手は自国開催のこの大会でこれまで優勝実績がなく、悲願の初優勝に期待がかかる

Continue reading

Only SATO/KAWAMAE shines on Christmas Day in India

来年4月末まで続くオリンピックレースの今年の最終戦、インドオープングランプリ(GP)ゴールドの決勝が、クリスマス当日の25日に行われ、日本勢で唯一、佐藤翔治・川前直樹組が優勝した

Continue reading