Tag Archives: 廣瀬栄理子

TAGO finally defeats World No.1 at 15th attempt (Updated)

フレンチオープンSS準決勝、田児賢一選手が15度目の挑戦で、ついに世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手から初白星を手にした。9月のジャパンオープンSS決勝で敗れた後、「早く辞めてくれないかな」と冗談とも本音ともとれる言葉をこぼしていたほど、2009年3月のスイスオープンで初めて負けて以来、どうしても勝てない存在だったが、ようやく1つの関門を突破した

Continue reading

TAGO reaches semifinal for three consecutive years in Paris

フランス・パリで開催中のフレンチオープンスーパーシリーズ(SS)、日本から田児賢一選手、三谷美菜津選手、廣瀬栄理子選手、高橋礼華・松友美佐紀組、前田美順・垣岩令佳組、早川賢一・松友組がベスト8まで勝ち上がったが、25日の準々決勝に勝利したのは田児選手と廣瀬選手の2人だった このうち田児選手はこの大会、2011年は決勝、2012年は準決勝まで勝ち進んでおり、3年連続でベスト4入りを果たしたことになる。

Continue reading

Day 3 in Denmark : Eriko and 4 pairs of Japan advance to Quarterfinals

デンマークオープンSSプレミア3日目、各種目の2回戦が行われ、日本勢は女子シングルスの廣瀬栄理子選手、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組と平田典靖・橋本博且組、女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組と前田美順・垣岩令佳組がベスト8に残った

Continue reading

Day 3 of WC : Experienced Japanese women show strong hearts

世界選手権3日目、混合ダブルスを除く4種目の2回戦が行われ、ベスト16がすべて出そろった。日本勢は、男子シングルス1人、女子シングルス2人、男子ダブルス1組、女子ダブルス2組、混合ダブルス1組が勝ち残った この日は、女子ダブルスの末綱聡子・前田美順組、女子シングルスの廣瀬栄理子選手という、オリンピックと同格のこの大会に複数回出場している経験豊富なベテランが、ファイナルゲームにもつれる厳しい試合に競り勝ち、きっちり白星を手にした。一方、組み合わせにも恵まれメダル獲得の期待が高まっていた女子ダブルス第3シードの高橋礼華・松友美佐紀組は、ダブルスのスペシャリスト、サラリー・トウントンカム選手率いるタイのペアにストレートで敗れ、よもやの初戦(2回戦)敗退となった この日、BadPaL の取材に応じた選手の試合後のコメントは以下の通り

Continue reading

No Japanese in Finals, but Chinese and Korean only

アジア選手権準決勝、日本選手は女子シングルスに2人、男子ダブルスに1組が勝ち進んだがすべて敗退。一昨年の平田典靖・橋本博且組、昨年の早川賢一・遠藤大由組に続く日本勢の決勝進出はならなかった 高橋沙也加選手は、世界ランク1位の中国リ・シュエリ選手と2度目の対戦。ロンドン五輪金メダルの強豪だが、初めて挑戦した3月のドイツオープングランプリ(GP)ゴールド準々決勝では、ファイナルゲームまで戦い勝っていた 第1ゲーム、前半を11-8とリードして折り返すが、12-9から6連続失点で逆転を許す。巻き返して18-17と再度リードを奪うも、次にリ選手の放ったショットをアウトとみて見送りインの判定。ここから連続失点して18-21でこのゲームを落とす。

Continue reading