Tag Archives: 内藤真実

Day 2 of SS Finals : Two pairs of Japan secure semifinals slots

スーパーシリーズ(SS)ファイナル一次リーグ2日目、日本勢の中で、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組と女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組が前日に続いて勝ち、グループ内2位以内を確保。一次リーグ最終日を待たずに準決勝進出を決めた。一方、女子シングルスの廣瀬栄理子選手は、ロンドン五輪金メダルの中国リ・シュエリ選手相手に、ゲームポイントを奪うなど食い下がるも及ばず、2連敗で一次リーグ敗退となった

Continue reading

Japanese semifinalists beaten by the world best in Hong Kong

香港オープンSS準決勝、決勝進出を狙った男子シングルスの田児賢一選手と女子ダブルスの松尾静香・内藤真美組だったが、過去の対戦で一度も勝ったことのない世界のトップに跳ね返され、ベスト4で今年最後のSSを終えた。世界バドミントン連盟(BWF)のデータベースにこの日の試合結果を加えると、田児選手はマレーシアのリー・チョンウェイ選手に12連敗、松尾・内藤組は中国のユー・ヤン/ワン・シャオリ組に6連敗となった 田児選手は前日、準々決勝に勝利した後、「1ゲーム勝負だと思って最初からギアを上げていきたい」と語っていた通り

Continue reading

Shizuka/Mami and TAGO to face unbeatable opponents in semifinals

香港オープンSS準々決勝、ここまで勝ち進んだ日本勢の中で、女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組と男子シングルスの田児賢一選手が勝利し、準決勝に残った

Continue reading

Three pairs and Two men of Japan advance to quarter finals

香港オープンSS2回戦、第1試合に入った男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組が日本選手の中で最初にベスト8入りを決めた

Continue reading

No Japanese wins Japan Open yet

ジャパンオープンSS決勝、女子シングルスの廣瀬栄理子選手と女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組がタイトル獲得に挑んだが、決勝の舞台で最高のパフォーマンスを出すことは叶わず、期待された日本選手のチャンピオン誕生は来年以降に持ち越しとなった 中国選手全員の出場辞退という異例な状況下で行われた今回のジャパンオープンでは、男子シングルスを除く4種目の優勝者がいずれもSS初制覇の若手で、4年後のリオデジャネイロ五輪に向けた新たなスタートを印象付けた

Continue reading