Tag Archives: サイナ・ネワル

Hotshots bags the first IBL cup and half a million dollars

インディアンバドミントンリーグ(IBL)は8月31日、ムンバイで決勝を行い、ハイデラバード・ホットショッツの優勝で、同月14日の開幕から2週間余り続いた全日程を終了した 優勝したホットショッツは、今大会の賞金総額100万ドルのうち、半分の50万ドルを獲得した。準優勝は2013年世界選手権女子シングルス銅メダルのプサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ選手率いるアワデ(ラクナウ)・ウォーリアーズ。3位には2011年世界選手権女子ダブルス銅メダルのアシュウィニ・ポンナッパ選手(インド)のいるプネー・ピストンズと、男子シングルス世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が加わったムンバイ・マスターズが入った

Continue reading

Saina and Sindhu lead teams to the final respectively

インディアンバドミントンリーグ(IBL)、一次リーグを勝ち抜いた上位4チームによる準決勝が28日と29日に行われ、ハイデラバード・ホットショッツとアワデ(ラクナウ)・ウォーリアーズが決勝に進んだ ホットショッツは最初の2種目、第1男子シングルスと女子シングルスで、インドのアジャイ・ジャヤラム選手とサイナ・ネワル選手がそれぞれ、世界ランク1ケタのグエン・ティエンミン選手(ベトナム)とユリアン・シェンク選手(ドイツ)に勝利。これで勢いに乗ると、続く男子ダブルスも世界ランク16位のマレーシア、リム・キムワー/ゴー・ウェイシェム組で取り、2種目を残して3対0と快勝した

Continue reading

Delhi chosen city as the first venue of IBL

賞金総額100万ドルのインディアンバドミントンリーグ(IBL)が14~15日、デリーで開幕した。国内有力選手のほか、先のオークションで参戦が決まっていた世界のトップ選手も、5~11日に中国・広州で行われた世界選手権の後インド入りし、参加6チームすべてが一次リーグの初戦を戦った 一次リーグ初戦で実現した、インドのバドミントン人気を支える2人、ロンドン五輪銅メダルのサイナ・ネワル選手と世界選手権銅メダルの18歳、プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ選手の対決は、ネワル選手に軍配が上がった

Continue reading

Indian Badminton League ready to go with 24 foreign players

ロンドン五輪女子シングルス銅メダルのサイナ・ネワル選手をはじめとする自国選手の世界での活躍により、盛り上がりを見せているインドのバドミントン界が、国内で最も人気のあるスポーツ、クリケットのインディアンプレミアリーグ(IPL)にならって今年初めて仕掛けるチーム対抗戦「インディアンバドミントンリーグ(IBL)」の全容が明らかになった IBLに参加するのは、ムンバイ、デリー、バンガロール、ハイデラバード、プネー、ラクナウというインドの主要各都市を代表する6つのチーム。チームを構成する選手10人(うち外国選手4人)を獲得するためのオークションが、2度の延期を経て22日、デリーで実施され、男子シングルス世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が全選手の中で最高額の13万5,000ドル、自国のスター、女子シングルス世界3位のサイナ・ネワル選手が12万ドルと、それぞれ高値で落札された

Continue reading