【WC2018】More Men from Japan into QF

世界選手権3回戦、日本勢はシングルス4人、ダブルス5ペアが勝ってベスト8に入り、メダルへの挑戦権を得た。昨年に比べると、ここまで男子が健闘を見せている

2017年グラスゴー大会のベスト8には、日本からシングルス1人(奥原希望)、ダブルス4ペア(園田啓悟・嘉村健士、高橋礼華・松友美佐紀、福島由紀・廣田彩花、米元小春・田中志穂)が残った。今回、南京では、女子がシングルス1人増えたのに対し、男子はシングルス2人、ダブルス1ペアを加えた

シングルス陣は前回、日本からただひとり準々決勝に進んだ奥原希望のほか、山口茜桃田賢斗常山幹太が勝ち上がった。中でも、直近のタイオープン(SUPER500)で上位大会初優勝を遂げたばかりの常山が、ノーシードながら存在感を示している。この日は、今月初めのインドネシアオープンで常山に翻弄され敗れたフランスのブリス・ルベルデズの挑戦を受ける形となったが、跳ね返し、連勝した

第6シードの桃田は、初顔合わせとなった第16シード、デンマークの21歳アンダース・アントンセンを相手にこの大会初めてゲームを落とし、先行を許す。しかし、下がっていた打点を上げるなど修正を加えた第2ゲーム以降、持ち直し、事なきを得た

アントンセン選手は試合後、「第1ゲームはほぼ完ぺきな形でプレーできたが、その後は桃田の質の高いラリーにやられた。ミスが減り、ディフェンスがどんどん良くなっていった」と話した

一方、ダブルス陣では、男子はインドネシアオープン(SUPER1000)準優勝、第7シードの金子祐樹・井上拓斗組が、第15シードのインドネシア、ハルディアント/ベリー・アングリアワン組に手こずりながらも勝利。「ほかと変わらない」と評する世界選手権を含む、出場する大会すべてで最低限クリアすべきハードルに自ら設定する、ベスト8入りをきっちり果たし、ベスト16に終わった昨年の結果も越えた

女子は、前回、世界選手権初出場で銀メダルを手にした第2シードの福島・廣田組に続いて、永原和可那・松本麻佑組が、第3シードの高橋・松友組との同国対決に勝って準々決勝進出を決めた

初出場で第11シードに入った永原・松本組は、インドネシアオープン準優勝を含む直前の東南アジア3連戦で得た自信と勢いに乗り、前回銅メダルの高橋・松友組をストレートで破った。あす(3日)の準々決勝に向けては、「もう1つ勝てばメダルだが、今一度自分たちのプレーを出すことに立ち返って、それが結果につながれば」と、メダルへの気持ちが先走りしすぎないよう、自分たちに言い聞かせるよう語った

一方、高橋・松友組の敗北は、とりわけインドネシアオープンを現場で取材したものにとって、驚きではなかった。この時、福島・廣田組との同国対決に敗れ、高橋選手の口から、「(自分たちが)劣っている」という言葉も出ていた<https://badpal.net/2018/07/08/kento-into-super1000-final-after-getting-sweet-revenge-on-chongwei/>。今シーズンの国際大会(個人戦)の通算成績27勝6敗のうち、4敗が対日本ペア。代表合宿で、いわば世界の頂点を取った手の内をさらし、間接的にほかのペアの成長を後押ししてきた2人。今後、所属に戻り、代表合宿ではできない「日本ペア対策」にしっかり取り組めるかが、現状打破へのカギとなる

また、第4シードの米元小春・田中志穂組は、ねばる中国のホワン・ヤチオン/ユー・シャオハン組を振り切り、2大会連続でベスト8に入った

昨年逃したメダル獲得に向け、次は負けられない一戦となる

日本勢以外では、この日、世界選手権5度(2006、07、09、11、13年)の優勝を誇り、昨年は準優勝だった中国リン・ダン(34)が、ひとまわり年の離れた同じ中国のシー・ユーチ(22)にストレートで敗れ、姿を消した

これで2人の国際大会における対戦成績は5勝1敗。とりわけ今シーズンは、若きエースが、実績ではるか上を行くベテランに3連勝と、完全に凌駕している

シー・ユーチのほか、常山、山口、ホー・ビンジャオら準々決勝進出者とともに、4年前、ユース五輪南京大会に出場していたもう1人が、ブラジルのイゴール・コエルホ。今大会では、1回戦で香港ウォン・ウィンキ、2回戦でインドのプラノイ・ハシーナ・スニルクマールと世界ランク上位の選手を連破。3回戦で第7シードの台湾チョウ・ティエンチェンに敗れたが、ベスト16の結果を残した

前回グラスゴー大会に続いて BadPaL が話を聞くと、「今大会のパフォーマンスを含め、この1年の自分の成長に満足している」と笑顔を見せた。ただ、「まだまだやるべきことは多い。これから2年あるので、メダルを目指す東京五輪に向け、より一層ハードワークに取り組む」と語った

21歳のコエルホは、自国開催で「出ただけだった」と認めるリオデジャネイロ五輪の後、フランスをはじめヨーロッパでトレーニングやプロリーグに参加するなどして、経験だけでなく力をつけた。世界選手権では、2回戦でシー・ユーチに敗れベスト32に終わった昨年から、今年はベスト16と、結果でも成長を証明している

一方、38歳マシアス・ボーと35歳カールステン・モゲンセンが組む、デンマークのベテランペアは今回、第3シードから頂点を目指したが、元気なく、台湾チェン・フンリン/ワン・チリン組にストレート負け(19-21,10-21)。3回戦で早々に大会を終えた

ボー/モゲンセン組は世界選手権で、2013年に銀メダル、14年に銅メダルを獲得しているが、その後は、◆15年ベスト8◆17年ベスト8◆18年ベスト16――と、結果を下げている

デンマークの男子ダブルス陣はこの日、第8シードのアンダース・スカールプ・ラスムセン/キム・アストルプ・ソレンセン組も、ギリギリのタイミングで繰り上げ出場の報を聞いたマレーシアのソー・ウーイイク/アーロン・チア組に敗れ、姿を消した

◆日本選手3回戦の結果

【男子シングルス】

桃田賢斗(第6シード)<13-21,21-17,21-8>アンダース・アントンセン(デンマーク、第16シード)

チェン・ロン(中国、第8シード)<21-18,21-19>西本拳太(第14シード)

常山幹太<21-17,21-15>ブリス・ルベルデズ(フランス)

【女子シングルス】

山口茜(第2シード)<21-12,21-12>ニチャオン・ジンダポン(タイ、第11シード)

奥原希望(第8シード)<23-21,21-13>ゴー・ジンウェイ(マレーシア)

カロリナ・マリン(スペイン、第7シード)<21-7,21-13>佐藤冴香(第15シード)

【男子ダブルス】

園田啓悟・嘉村健士(第5シード)<21-17,21-16>ムハンマド・ライアン・アルディアント/ファジャル・アルフィアン(インドネシア、第9シード)

金子祐樹・井上拓斗(第7シード)<21-11,20-22,21-16>ハルディアント/ベリー・アングリアワン(インドネシア、第15シード)

ツァン・ナン/リュウ・チェン(中国、第2シード)<21-15,21-14>遠藤大由・渡辺勇大(第16シード)

【女子ダブルス】

福島由紀・廣田彩花(第2シード)<21-10,21-11>ステファニ・ストエバ/ガブリエラ・ストエバ(ブルガリア、第9シード)

高橋礼華・松友美佐紀(第3シード)<13-21,15-21>永原和可那・松本麻佑(第11シード)

米元小春・田中志穂(第4シード)<21-18,21-19>ホワン・ヤチオン/ユー・シャオハン(中国、第12シード)

【混合ダブルス】

ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第2シード)<13-21,21-17,21-13>渡辺勇大・東野有紗(第16シード)

------------------------------------

◆準々決勝の対戦カード

【男子シングルス】

ビクター・アクセルセン(デンマーク、第1シード)対チェン・ロン(中国、第8シード)

シー・ユーチ(中国、第3シード)対チョウ・ティエンチェン(台湾、第7シード)

桃田賢斗(第6シード)対B.サイ・プラニース(インド)

常山幹太対ダレン・リュー(マレーシア)

【女子シングルス】

タイ・ツーイン(台湾、第1シード)対ホー・ビンジャオ(中国、第6シード)

カロリナ・マリン(スペイン、第7シード)対サイナ・ネワル(インド、第10シード)

プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド、第3シード)対奥原希望(第8シード)

山口茜(第2シード)対チェン・ユーフェイ(中国、第5シード)

【男子ダブルス】

マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア、第1シード)対園田啓悟・嘉村健士(第5シード)

金子祐樹・井上拓斗(第7シード)対チェン・フンリン/ワン・チリン(台湾、第14シード)

リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイ(中国、第4シード)対ソー・ウーイイク/アーロン・チア(マレーシア)

ツァン・ナン/リュウ・チェン(中国、第2シード)対マッズ・コンラド・ペターセン/マッズ・ピーラー・コルディング(デンマーク、第6シード)

【女子ダブルス】

チェン・チンチェン/ジア・イーファン(中国、第1シード)対グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第5シード)

ラウィンダ・プラジョンジャイ/ジョンコンパン・キッティハラクン(タイ、第7シード)対永原和可那・松本麻佑(第11シード)

米元小春・田中志穂(第4シード)対リズキ・アメリア・プラディプタ/デラ・デスティアラ・ハリス(インドネシア、第8シード)

福島由紀・廣田彩花(第2シード)対ニ・ケトゥット・マハデウィ・イスティラニ/アンギア・シッタ・アワンダ(インドネシア、第14シード)

【混合ダブルス】

ツェン・シウェイ/ホワン・ヤチオン(中国、第1シード)対サトウィクサイラジ・ランキレディ/アシュウィニ・ポンナッパ(インド)

マシアス・クリスチャンセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、第4シード)対ツァン・ナン/リ・インフェイ(中国、第5シード)

タン・チュンマン/ツェ・インシュー(香港、第3シード)対チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、第8シード)

ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第2シード)対クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック(イングランド、第6シード)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: